旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社名なんて関係ないでしょ!!

面白いご質問がありました。

社名と株価なんて、因果関係がないはずなのに、
なんで、あんたは、
見事にシンニッタンやニッチツが新日鉄に勝つのを予言できたのか?

不思議に思われた方もいらっしゃると思います。

そうですよね。「普通」はそう思います。

(前々からの読者さんは、ニヤニヤしながら、
 私の予言の成就を信じてくれていたかも知れませんが・・・。)

この、ご質問に回答しようとすると本が1冊書けそうですが、
キモの部分を一言で言いますと、「歪み」です。
当たり前の株価や割高な株価の銘柄が少々業績が上向いても、
常識的、もしくは僅かなリターンしか得られません。

しかし、割安な株価の銘柄が、一度、上昇し始めると、
業績の拡大による上昇と合わせて、
割安さを是正する上昇、すなわち「歪みの解消」が加わるために、
非常に大きな上昇となるのです。

では、いったいどういう銘柄にそのような割安な「歪み」が存在するのか?

社名が馬鹿馬鹿しい、もしくは退屈な社名の企業
②業容が平凡、もしくは退屈で、期待感の低い銘柄
③流動性が低く、短期トレーダーが寄り付かない銘柄
④暗い業種や汚い業種
⑤業績に関係なく、悪いうわさが流れている銘柄
などなど・・・・

しかし、現実には、このように短期トレーダーが寄り付かないような銘柄に
驚くほどの収益力や競争力を備えた企業が存在し、
それが全く馬鹿げたレベルまで株価を割安に押し下げてくれるために
一度、上昇し始めると、
驚きのリターンで投資家を喜ばせてくれるのです。


反対に、社名がかっこよく、みんなのあこがれの企業は
誰でも思いつく分、誰からも買われやすく、常に割高で、
期待値ばかりが高まっています。

こういう銘柄は、業績は良くて当たり前。
期待値通りうまく行っても、「織り込み済み」
運が悪いと、「期待外れ」などとマーケットから烙印が押され、
長期的なリターンを下げてしまうのです。

JALなんて最高の例ですね。
あれ、15年くらい前は、みんなのあこがれの企業でした。

もちろん、当時から、業績は「さっぱり」でしたが・・・。

どうでしょうか?

ご理解いただけましたでしょうか?

↓うっ、ぎりぎりベスト10・・・。
↓ご参考になりましたら、クリックもよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ガイアさん、こんにちは。

もちろん、半分冗談でやってますので、
あまり深く考え込まないでください。

私はこのブログで、
「誰もが殺到する人気銘柄でないと、株では儲けることができない!!」
という、個人投資家が陥りがちな大間違いに対して、
様々な角度から、実際に反例を見せて、
「そんなことはない!!」ということを
証明しようとしているのです。

短期的には、人気銘柄の方が、値動きもあって儲けやすいかも知れませんが、
長期的には、全く逆で、不人気銘柄かつ優良銘柄を探すことが、
勝つ秘訣であることをずーーーーーっと主張してきたのです。

特に、社名が馬鹿馬鹿しい銘柄が、主力銘柄や人気銘柄よりも騰がる現象は、
誰の目にも意外感があるので、
「こんなんでも勝てちゃうんだよ!!」
と、みんなにわかってもらうために、
タイミング良く記事にしています。

ですから、12月16日のあのタイミングにあの記事を書かないと、
ここまで痛快な結果を残すことは出来なかったかも知れません。

そこには、様々な角度から、私なりに勝算があればこその行為であり、
その分は割り引いてください。

ただし、確かに社名が株価に影響するのも事実です。

以前分析した外食産業の事例はその一例です。
まだ、読まれていないようでしたら、
「社名は株価に影響するか?」のカテゴリを読んでください。

株価は需給という側面からとらえると、
「人気投票」だといわれています。

社名がかっこよかったり、有名な方が、
社名がかっこ悪かったり、馬鹿馬鹿しいよりは、人気が出てしまうのです。

しかし、長期的なリターンはファンダメンタルズに基づいているため、
ファンダメンタルズに関係ない人気うんぬんで動いている株は、
長期的には、下がることの方が多いのです。

バブル期のNTT、ITバブル時のネット関連、
いざなみ景気時の不動産関連、
どれもこれも、大人気→大暴落ですね・・・。

【2010/01/29 18:55】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

①以外の理屈は理解できるのですが、どうしても①が理解できない…

別に①が無くても問題がないように思えるのですが

【2010/01/29 14:02】 URL | ガイア #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/477-9c19fb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。