旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飛べないつる

一本杉の大きな枝からイヌワシはツルの様子を見て言った。

「おーい、ツル君、そんなに慌てて、何をしてるんだい?」

あわてんぼうのツルは答える。

「ぼっ、ぼくは、だ、だ、誰よりも高く飛びたいんだっ!!
 だっ、誰よりも高く飛ぶために、
 だっ、誰よりも素早く羽ばたく練習をしてるのさ。
 いつか、あの、山脈を越えて、みんなをびっくりさせてやるんだ!!」

イヌワシはあきれて、こう答えた。
「素早く羽ばたくことと、高く飛べることとは、関係ないように思うが・・・。」

しかし、ツルは、自分の信念を否定されて、強く反論した。

「なっ、何を言ってるんだ。
 僕はたくさんの名人たちに空の飛び方を教わったんだ。
 ハエくんにも、スズメさんにも、ハチくんにも・・・

 そして、みんな僕にこう言ったんだ。
 君は羽ばたきが遅すぎるってね・・・。

 だっ、だから、こっ、こうして、誰よりも早く羽ばたく練習をしてるのさ!!」

イヌワシは鼻で笑った。

「はぁ?
 何で、ツルである君がハエやスズメに飛び方を教えてもらうんだい?
 彼らと君では、何もかも違うじゃないか?
 君には君の飛び方があるはずだ。」

あわてんぼうのツルにはそんな当たり前の忠告も耳に入らなかったようだ。

「ふん、そんなのあるはずないだろ。
 空を飛ぶのに、ハエもツルもスズメも、理屈はみんな同じさ。
 どれだけ、素早く羽ばたけるか?
 これが天高く飛ぶ唯一の方法だよ。」

何を言っても無駄だと分かり、イヌワシは質問を変えてみた。

「へーっ、それで、今まで君は、どのくらい空を飛んだことがあるんだい?」

ツルは真顔で答える。
「こっ、これまでは3秒間ほど飛んだのが最高記録さ。
 けど、そのころはまだ練習が足りなくて、
 羽ばたきが続かなかっただけなんだ・・・。 

 けれども、これからの僕は違う。

 僕は、誰よりもたくさん失敗を繰り返したから、
 自分の悪いところは全て分かってるんだ・・・
 もう、同じ失敗は繰り返さないよ。」

そういって再びドタバタと素早く羽ばたく練習が始まった。


「なるほど、そう思うんなら、せいぜいがんばってみるんだな!!
 じゃあ、俺は先にあの山脈の向こう側に行くよ。
 どうやら時間が来てしまったようだ・・・。」

大声でそう伝えると、イヌワシは、
バサッ、バサッ、バサッと3回だけ力強く羽ばたいて、
すぐに強い上昇気流に乗った。

あっという間に天高く飛んでいき、そして山脈を越えていった。

(イヌワシはずっと、この上昇気流を待っていたのだ。)

この様子を見て、ツルはあっけに取られてしまった。

「ひぇーつ、イヌワシ君はなんてすごい名人なんだ。
 あまりに素早くて、羽がとまって見えた・・・
 あのくらい頑張らないと山脈は越えられないってことか・・・」

↓ちょっと更新が遅れると、順位はすぐ落ちてしまいますね。
↓他の方のブログも、非常に参考になるものが増えました。
↓参考になりましたら、ぜひクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/485-2bb89d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。