旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真逆列車で行こう!!

これまで、人気ブログランキングの「金融投資全般部門」に登録していましたが、
気分一新で、「株式」部門に登録しなおしました。

これまでは、周りの投資家さんは長期投資家さんや理論派投資家さんが多くいましたので、
なんとなく落ち着いた雰囲気でやってきましたが、

こちらの「株式」部門の人気ブログは、デイトレやスウィングなどの短期トレーダーだらけですね。

全く別世界!!
昔の私みたいなのがゴロゴロしています。

前にも書きましたが、以前は、私も、完全に株式依存症のギャンブル短期トレーダーでした。
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-267.html

一番ひどい時は、自分の家の電話番号や郵便番号は、思い出せないのに、
チェック中の銘柄の証券コードなら100個くらい指が勝手に覚えていました。

さて、そんな病的なまでに株式にどっぷりな方のために、最初に断わっておきますが、
このブログで進めている投資法は、一般的な短期トレードとは全く真逆。

下手に短期トレードの掟を守ると全くうまくいかないという不思議な投資法です。

通常、短期トレードにおいては、
損切り、早逃げ、人気株の3大原則を外して、勝負する人はほとんどいないでしょう!!

ところが、ここで扱う長期10倍高狙い投資法においては、

「損切るな!!利確はするな!!不人気だ!!」

ということで、全く真逆の方がうまく行くのです。

また、短期トレーダーに必要なスキルは
情報力、瞬時の決断力、そして、需給に対する読み・・・等でしょうか?

ところが、長期10倍狙いのこの投資法においては、
感力(人気に対して)、耐力(値動きに対して)、察力(企業に対して)
略して、鈍・忍・観(ドン・ニン・カン)が重要です。

下手に世界情勢や、瞬時の判断、需給分析は、むしろ邪魔。

「あれ~?いつの間に、こんなに円が高くなっちゃったの~??」
「おや、今日も値動きなしか・・・。いつになったら動き出すのやら・・・。」
「むっ、新メニューを発売したぞ。さっそく食って確認しとかなきゃ!!」

みたいなノリでちょうど良い感じです。

冷静に考えてください。
デイトレでは、10倍高は取れません。
(1日で10倍高する銘柄はあり得ませんからね)

「20%騰がったら、利益確定する」みたいなルールを持っている人は、
絶対に、10倍高は取れません。
(どこまで頑張っても、20%止まりでしょう。)

10%下げたら、「損切り」みたいなことやってたら、
10倍になる前に、何度となく、お宝銘柄を売らなくてはいけません。

つまり、10倍取りに行くからには、短期トレードとは全く異なる戦略が必要となるのです。

しかし、私はここで強く主張します。

普通のサラリーマンこそ、まずは10倍を狙え!!

万が一読みが外れて、3倍高でも我慢すれば良いじゃないですか?
それでも、何と、3倍なんですから!!

日頃、場の動きを確認できないサラリーマンが、
果たして、パソコン画面3台並べて、
1日中、張り付いて板情報を確認しているようなデイトレーダー連中に、
同じ戦略で勝てる可能性があるのでしょうか?

私もサラリーマンですが、重要な会議が終わって、携帯開いたら、
「なんじゃ、こりゃー!!」

新幹線の中で、「今だ!!」と買いを入れようとしたら、トンネル・・・。

「間違いなく今日あたりがこの銘柄の山場だ!!」とわかっているのに、
話の長いおっさんと、打ち合わせ・・・。

損切りも、利確も、情報も、全て10歩くらい出遅れるのです。

短期トレードは、普通のサラリーマンには圧倒的に不利なのです!!

だったら、根本的に戦略を変えよう!!

これが私の判断だったのです。
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-119.html

ところが、長期投資と言っても、ほとんどの銘柄は行ったり来たりか、
下げっぱなし・・・。

長く持てば持つほど不利な銘柄ばかりです。

しかし、しかし、しかあ~し、ついに、私は見つけたのです。

長期にわたって騰がり続ける銘柄群を・・・。

それを教えてくれた先生は、ピーターリンチでした。
ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学
(1994/10)
ピーター リンチ

商品詳細を見る


それが、先日紹介した安売り小売り・外食セクター、
正式には、消費関連成長企業なのです。

↓なんて皆さんやさしい方ばかりなんでしょう!!
↓あっという間に、目標の50位を達成しています。
↓こうなったら、次は、25位ねらいだあ~!!!
↓しかし、それにしても、この部門の上位は有名人揃いだな~・・・。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/490-94f964f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。