旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽しいお葬式

今日は、取引先でご不幸があり、葬式に出ていました。

といっても、取引先の先代の社長がなくなったということで、
私は会ったこともしゃべったこともないお方・・・。

喪主の現社長とは懇意にしている手前、出ないわけにもいかず、
いそいそと出かけて行ったわけです。

ところで、葬式といえば、私も、葬儀屋の株を持っています。
この会社、明瞭会計と生前見積もりがウリの葬儀屋ということで
面白そうなので、ちょっぴり保有しているわけです。

もちろん、自分が死ぬ時は、この会社で葬儀をしてもらいたいのですが、
まぁ、まだ30代ですから、私が死ぬころまでには、きっと
私の住んでいる愛媛県までこの会社が進出してくれるものと信じています。

ただ、実は、手相をみてもらうと私はどうも
「生命線が短く、金運線は長い」ようです。
金運線の方は当たってほしいのですが、生命線の方は外れてほしいなどと
以前は思っていたものですが、最近は、

「人生、短いなら短いでいいや。その分、一生懸命生きよう!!」
などと開き直っています。

そう考えだしてからです。
このブログを始めたり、本を書こうと思い立ったのは・・・。

もっとも、この話をうちの奥さんにすると、
「そんなこと言いながら、あんたが一番長生きしそう・・・。」
などと笑われていますが・・・。

さて、実は、自分の葬式でぜひやってみたい演出がございます。

それは、
「遺影が実は液晶の静止画像で、葬儀の最後にその遺影が突如動きだし、
本人が、参列者に向かって、自分の葬儀のお礼の挨拶をする。」
という演出です。

楽しい葬式

まぁ、知らん人の葬儀くらい退屈なモノはなく、
そんなことを1時間ほど考えているうちに、
焼香の順番が回ってきて、ようやく家に帰ることが出来たのでした。

(ティア社さんなら、そんな要望もかなえてくれそうな気がします。
 生前見積りの時に、生前挨拶録画もやっておきたいものです。)

↓50番前後を行ったり来たりです。
↓皆さま、本日もクリックよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

石さん、こんにちは。

> ティアにアイデアを持ち込んで業績アップしてもらうとか…。

さっそく、ティアのIRにこのブログの記事を送付してみました。

案外、もうやってるかもしれませんね・・・。
【2010/03/07 07:32】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

まいけるさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

> 遺影が参列者の前に突然動きだし挨拶する・・

あと、液晶の画像なら、式の最中に、
時々目玉を左右に動かして参列者をびっくりさせたり、
急に眼を見開いて、参列者に喝を入れたり等という、
イタズラも可能ですね・・・。

> これからは葬式も結婚式同様形式にとらわれない
個性溢れるものが増えてくるのかもしれないですね~

以前、ティア社さんのことがテレビで紹介されましたが、
生前のアルバムや故人が良く行ったお店の写真など
遺族が満足できる演出をいろいろとやっていました。

きっとそうなると思います。
なんとなく、我々世代は、昔ながらの葬式にあまり興味がないような気がします。
【2010/03/07 07:30】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

・遺影が液晶の静止画像であるアイデア
・液晶の静止画像が動いて参列者に挨拶をするアイデア
これはヒットしそうです。
実用新案か何かに登録できれば小遣いを稼げそう。
既に行なわれいるのかな?
ティアにアイデアを持ち込んで業績アップしてもらうとか…。
とにかく良いアイデアだと思いました。
【2010/03/07 06:45】 URL | 石 #-[ 編集]


遺影が参列者の前に突然動きだし挨拶する・・
なんと画期的なv-12

最後だからこそその人らしさを皆にアピール出来る、皆の心に残ることが出来るいい機会なのかもしれませんね。

個人的な話ですが身内の葬式では無宗教のお別れ会という形だったので故人が若かりし頃から死ぬまでの期間の時代別の写真集形式でパネルで飾ったりアルバムを参列者に自由に見てもらう形式等がとても良かったです。

これからは葬式も結婚式同様形式にとらわれない個性溢れるものが増えてくるのかもしれないですね~
【2010/03/06 23:51】 URL | まいける #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/498-2a7620aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。