旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


収益予想は当たらない

新しい読者さんがずいぶん増えましたので、
当分、真逆の投資法のおさらい+αでこのブログを進めたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
投資に関してまず知っておくべきこと、
それは、収益予想は当たらない、ということだ。
うまく行っている会社は収益予想を上回り、
うまく行っていない会社は収益予想を下回る。


【富者の集中投資 貧者の分散投資】
フレデリック・R・コブリック(パンローリング社)
P211
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

彼岸の3連休ということで、実家に帰って墓参りをしていました。

さすがに正月に私が本を出したということで、
親戚連中も、私の本を買ってくれたようで、
そんな話題になりました。

で、父親が言うには、
「お前の本を読んで理屈はわかった。
 けど、そんなことはどうでも良い。
 これから騰がる株を教えてほしい。」
そんな親戚が多いというのです。

さらに、ところで
「いったい、お前はどうやって騰がる株を見つけるのか?」
という質問を受けたのです。

そこで私は、会社四季報を手にとって言いました。

「こいつを全部読むのさ・・・。

 ①PERと②業績推移と③チャートをパッと見て、
 株価が高すぎる、もしくは、妥当だと判断できれば、
 さっさと次のページをめくる。
 
 ただし、その3つに違和感があり、
 あれっ、こんなに成長しているのに、PERがこんなに割安で、
 株価は低迷・・・。

 そういうのを発見すると、インターネットでより詳しく調べ始めるんだ。」

こういうと、父親は、
「えっ?この分厚い辞書みたいなやつを全部読むのか?」
と繰り返すので、

「考えても見てほしい。

 もし、給料の他に、プラスで100万円でも儲けようと思ったら、
 いったいどれほどの努力が必要か?

 奥さんを働きに出すか?

 けど、子供が小さいうちは、それも難しい。

 かといって、内職ということになると、
 これは相当に大変だ。

(私の妹は、子供が小さいころ、家計を支えるために
 子供用雑誌の付録を袋詰めする内職をやっていた。
 たまたま遊びに行った時に、私も少し手伝ったが、
 1時間ほどの努力で、250円ほどの収入だとわかった。
 妹は手慣れたもので、1時間で500円位の作業はやっているようだったが・・・。)

 ところが、株の世界は全く別次元でカネが動く。

 (投資額にもよるが、)そこから得られるリターンを考えれば、
 例え1週間かかっても、この本を読み切る程度の努力なんて
 大したことではない。」

ここまで説明して、それ以上の説明は、
少なくとも年金生活に入っている父親には、
無意味だと思えてきましたので
そこでストップしました。

しかし、本当は、四季報の中から、お宝銘柄を探し当てるためには、
いくつかのポイントがあるのです。

冒頭のコブリックの1文は、その中でも最も重要なポイントの一つでしょう。

例えば、PERが割安で、チャートは低迷。
ただし、過去3年の業績は順調で、
しかし今期だけは低迷が予想されているようなケースです。

おそらく、四季報には次のような文面が並んでいるでしょう。

主力は国内外を中心に順調。
さらに、今期は、販売網(商品群)の拡大があり、
上乗せが期待できる。
ただし、低迷しているA商品が足を引っ張り、
さらに新たな投資負担も重く、利益は前期並み横ばい

このような文面の最大のポイントは、
ただし以降のネガティブな部分です。

まずは、本当か?

と疑ってかかり、心のどこかに、
うまく行っている会社は収益予想を上回る
という意識を持ちながら、

さらにインターネットで決算資料を読み込んでいく・・・。

もちろん、逆のケースもあります。

こんなに悪いのに、なんで、こんなにも急回復が予想できるのか?
こういう時は明確な理由がはっきりと書かれているケースが多いのですが、

うまく行っていない会社は収益予想を下回る

というポイントを思い出すと良いでしょう。

結局、会社が発表したり、四季報記者が書く収益予想があてにならない限り、
これらの収益予想を基準にしたスクリーニングはまるで無意味となり、

しかし、私の本で説明している通り、
株価は収益予想を重大な根拠として動くわけですから、

何らかの独自の収益予想修正手法を持ち合わせる必要があるのです。

四季報読破作戦はその一環です。

↓ずいぶん間があきましたので、順位は下がってしまいました。
↓皆さま、多少なりとも参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ガイアさん、こんにちは。

> 自分でなにも考えず…努力もせずに金を得ようなんて甘い考えですよね

全くその通りです。
そのような考えでは、たまたま儲かることもあるかもしれませんが、
長期にわたってマーケットには残れないでしょうね・・・。
【2010/03/22 22:30】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

田舎のkenさん、こんにちは。

> それに騙されそうになることもしばしばです(笑)。

以前は、それに騙されて本当に株が騰がった時期もありますが、
さすがに、そういうお目出度い投資家は、
もうマーケットから退場されたようです。

最近は、四季報で株価が動くことはなくなってきましたね。
それをきっかけに勝負するタイプのプレイヤーはいますけど・・・。
【2010/03/22 22:28】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

自分でなにも考えず…努力もせずに金を得ようなんて甘い考えですよね

それで失敗したらこちらのせいにするんですよね、こういう人は…

途中で説明を辞めて正解ですよ。
【2010/03/22 15:19】 URL | ガイア #-[ 編集]

こんにちは。

四季報のコメントってぐぐっと惹きつける書かれ方されていますよね・・・それに騙されそうになることもしばしばです(笑)。

一通り読み込むとセクター全体の評価なんかもわかるのでギャップはみつけやすいかなーという気はします。

そろそろ四季報でもいいコメントが増えてきたとこですし、表面に惑わされずしっかり企業の足元を見て投資をしていきたいものですね。
【2010/03/22 13:16】 URL | 田舎のKen #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/507-9dd5d7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。