旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


売り急ぎそうになったら・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
株価が騰がってなおそれを持ち続けるのは、
得てして下がった株を信じ続けるよりも難しい。
この頃私は、売り急ぎそうに感じたら、
なぜこの株を買ったのかという初めの理由を
思い起こすように努めている。

【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】P287
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このような狂乱上昇を目の当たりにすると、
さすがに「こんなことが長続きするはずがない。」と
一旦売却することを考える方も多いでしょう・・・。

確かに、そのような考え方が短期的には賢明であるケースも多々あります。

ただし、私が実践しているような真逆の投資法では、
例え今回の上昇は短命でも、ファンダメンタルズの観点から
割安でかつ成長が見込めるのであれば、
「売り」は一切考えず、ひたすら持ち続けるスタンスを取ることになります。

ピーターリンチの言うように、
なぜ、この株を買ったのか?思い出すのも良いでしょう。

もう一つ、付け加えるなら、あなたから買ったその方は、
何を思って、どういうつもりで買っているのか?

という観点も重要です。

今回は、正月ごろから、異変がありましたね・・・。
株価を上げることなく、チマチマと、
しかし、監視の目が離れることなく、着実と買いが継続していました。

上手な人同士のマージャンとは、このことです。

このような状況では、いざ買う側に回ると、なかなか買わせてもらえません。

「こんな出来高の少なくて、動きのない株だめだーっ!!」
等と素人さんの投げ売りでも出ようものなら、

鯉の池に餌を放り込んだ直後のように、パクリと上手にさらっていく連中がいるのです。

「何、あんたら、ずっと見てたの?」

私のようなサラリーマン投資家は、
仕方なく、若干割高でも、上にぶら下がっている売り板に
買いをぶつけるしかない状況が続きました。

売ってる方はそんなこと気付かずにいたかもしれませんが、
買う側に回れば、取り合いになっていたのです。

そんな状況が2カ月以上続いた揚句に、
これほどまでに広範囲に、力強い買いが入ってきました。

つまり、今回はへなちょこ短期トレーダーの「ダマシ騰げ」等とは種類が違うようなのです。

もし、彼らがこんなにも早く利益確定を始めるのであれば、
この程度の上昇では、仕掛けに要した資金すら回収が難しいでしょう。

このような小型株では、何カ月も仕込んで、
たった2割や3割の上昇で利益確定をはじめたのでは、
すぐ元の水準に株価が落ちてしまい、全く割に合わない投資となるのです・・・。

昨日書いたように、
2倍くらいは上昇させてから利益確定に動かないと面白くありません。

このように株価を動かしている側の観点から、
基本は2倍という基準が出てくるのです。

もちろん、こんな現象、自然発生的に起こるものではありません。

間違いなく人為的なものです。

相当力を持っているプレイヤー(おそらく外資)が
新興の小型優良企業群をおなかいっぱい仕込んだ挙句に、
思いっきり放り上げようとしていると
考えて良いのではないしょうか?

↓ずいぶん間があきましたので、順位は下がってしまいました。
↓皆さま、多少なりとも参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

サワケンさん、こんにちは。

> 私が買ったALサービスもいつの間にか値上がりしていてビックリしてます。

昨日ヤフーのコラムで「バフェットが買いたくても買えない株」な
スクリーニング条件が出ていましたね。

(1)「割高か割安かを示すモーニングスターレーティングが「4つ星」(やや割安)または最高評価の「5つ星」(割安)(2)投資対象の企業が長期間にわたり競合他社を寄せ付けない強みを持っているかどうかを表すモーニングスターの評価基準「競争優位性」(3段階評価)が最高の「高い」(3)過去3年間のフリーキャッシュフローが毎年プラス(4)過去3年間のROE(株主資本利益率)が10%超(5)時価総額が50億ドル(約4500億円)未満

モーニングスターの割安基準や競争優位性基準がどんなものかは知りませんが、
おそらくALサービスはパーフェクトです。

1)私が使っている証券会社のデータでは、割安度は常に満点ですし、

2)もう何年も低価格のとんかつやを続けているのに
未だに、ライバルらしいライバルが登場しないあたり、
競争優位性も極めて高いといえるでしょう・・・。

3)~5)はクリアしすぎるくらいクリアしてます。
フリーキャッシュフローなんてあまりに良すぎて、
株主還元を主張したくなるくらいです。
【2010/03/25 06:58】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

まいけるさん、こんにちは。

> 今後を見据える上で勉強になった部分多かったので奥山さんの記事今日のブログで紹介させてもらいました~

ありがとうございます。

私は「真逆の投資法」と言っていますが、
それは、日本で短期トレードが流行りすぎてしまったためで、

おそらくヘッジファンド連中に言わせれば、
「超オーソドックスな投資法」なのです。

私が狙うような銘柄は、大小に関係なく、
ヘッジファンドと一緒に買うケースが少なくありません。

彼らは、ファンダメンタルズと株価のギャップを狙うのです。
【2010/03/25 06:50】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

奥山さん、こんばんは。

売り急ぐでない!!とのメッセージですが、まさにそんな展開になりそうですね(^_^)v

私が買ったALサービスもいつの間にか値上がりしていてビックリしてます。

割安感があるうちはホールドするつもりなので、これからも花が満開になる過程を楽しみにしていきたいと思います♪
【2010/03/24 20:06】 URL | サワケン #-[ 編集]

②倍・・  個人的にストロングホールドで株価②倍銘柄を保有し続けられることが今一番の目標なのでいろいろ考えさせられるとこありました!

今後を見据える上で勉強になった部分多かったので奥山さんの記事今日のブログで紹介させてもらいました~
【2010/03/24 16:37】 URL | まいける #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/509-66e46fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。