旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無成長産業

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
多くの人が成長産業に投資したがるが、私は違う。
葬儀屋のような無成長産業(の中に有望銘柄)が見当たらない時には、
プラスチックのナイフやフォークといった低成長産業に投資するのである。
そうした分野からこそ大化け株が出てくるからである。

急成長産業にある会社の株は、えてして下がるものだ。

【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】P159
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

でっかく株で儲けたいなら、無(低)成長産業の中から、
良い会社を探せ!!

これは、テンプルトンやバフェット、ピーターリンチなど
偉大な投資家が口をそろえて教えてくれる
いわば投資の極意です。

多くの投資家が、この基準を外して、
“えてして下がる”急成長産業から銘柄選びを始めるために、
失敗を続けるのです。

先日、ご紹介した聞いたこともないような急上昇銘柄群は
どれもこれも、
ピーターリンチが言うところの
砂漠の中の一輪の花
ばかりですね。

私自身、毎回、四季報を読破する度に、
付箋がつくところまでは行くのですが、
(私は、まず、四季報で、成長性や株価水準、キャッシュフローなどをチェックし、
 違和感があれば付箋を付けておきます。
 そして、後からゆっくりインターネットでその会社を調べていきます。)

結局、現在のところ1株も持っていない銘柄で
ハビックス(3895)という銘柄があります。

そう、コレなんか、典型的な砂漠の中の一輪の花です。

ハビックス

長期チャートも見事な岩の心電図を経て、3~4倍高を更新中ですね。

岩の心電図を知らない方はこちら↓
(知っている方も、もう一度このタイミングでおさらいすることをお勧めします。↓)
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-10.html

で、やってる仕事というのが、
ハビックス主力製品
(ハビックス公式サイト、会社説明会資料から)

何と、紙屋さんなんですね・・・。

クッキングペーパーや紙おむつの原料となる不織布を供給しているのです。

多くの投資家さんは、すっかり、「新興国しか成長の余地はない!!」くらいに考えているようですが、
実は、日本のマーケットは、依然中国並みの大市場であり、
成長性は乏しいけれども、リスクという点では、意外にも安心・安全なマーケットです。

ここで、他社を蹴散らしながらうまくやっている企業への投資は、
往々にしてうまく行きます。

残念ながら、ハビックスは買えませんでしたが、
冒頭でピーターリンチが言っている葬儀屋に有望銘柄を見つけてしまったので、
(こちらも岩の心電図入りしている)
こいつの方を、気長に持ち続けることにしましょう・・・。

このブログでは、時々、妙な比喩表現が出てきますが、
これは私が尊敬してやまないピーターリンチの本からの引用が非常に多いです。

もし、ピーターリンチを知らない方は、ぜひ次の2冊をお勧めします。
ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学
(1994/10)
ピーター リンチ

商品詳細を見る

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜けピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
(2001/03)
ピーター リンチジョン ロスチャイルド

商品詳細を見る

ちょっと古い本ですが、
「この2~3年におこった日本市場のことを書いているのでは!!」
と錯覚を起こしてしまうくらい、的を得た素敵な本です。

ついでと言ってはなんですが、それ以前に
「ファンダメンタルズ」という言葉の意味もわからないレベルでしたら、
恐縮ながら、小生の本を先に読まれることをお勧めしておきます。
世界一やさしい株の本世界一やさしい株の本
(2010/01/20)
奥山 月仁

商品詳細を見る


↓すっかり順位は下がりっぱなしです。
↓皆さま、多少なりとも参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/510-468d0444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。