旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分の株だけ騰がらない時

1か月のうちに日経平均が1割も上昇すると、
さすがに、自分の成績が3%プラス程度では、
ちっともうれしくなくなってきます。

しまった!!

あっちだったか・・・。
イラスト

もちろん、今頃になって、そっちに走っているようでは、
さらに失敗の上塗りとなり、

しまったぁ~!!

あのまま持っとけば良かったぁ~。

なんてことになりがちです。

キャノン
(ヤフーファイナンスから、キャノン3カ月チャート一部加工)

株で勝つためには、毎日勝つ必要なんて、全くありません。
毎月勝つ必要もありません。
毎年勝つ必要もありません。

3年後3倍なら、大勝ちの部類ですが、
2年半のパフォーマンスがずっとトピックスに負けていたとしても、
最後の半年に3倍になれば、それで良いのです。

ところが、毎日毎日株価の動向を気にしてみているとどうしても、
「やっぱり、輸出関連でないと当分駄目だな・・・。」
「こんなでかい株、少々業績が良くても、重すぎて騰がらんわ・・・。」
「やっぱり出来高の少ない不人気株は、持つだけ無駄だ・・・。」
などと、コロコロと気が変わり、
後で振り返ってみると、そのどれでも良いから1つだけずっと持っていた方が
パフォーマンスが良かった・・・。

そんなことになりがちなのではないでしょうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
どれだけ才能があろうと、どれだけ努力しようと、
成就するまでに一定の時間を必要とする事柄が存在する。
早く子供が欲しいからといって9人の女性を妊娠させても、
1ヶ月で赤ん坊は生まれてこないのだ。
【バフェットの教訓(徳間書店)】No.117
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

金融のプロ連中は、年収を高めるために、1年ごとの成績にこだわる必要がありますが、
我々個人投資家は、期間に枠を設ける意味はあまりありません。

どうせ、遊んでる金だし、自分が良い会社だと信じれるんだったら、
ずっとこの会社を応援してみるか・・・。

こんな感覚の方が、長期投資ではぐっと勝率が高まるでしょう。

↓更新が遅れ気味ですみません。
↓上司や部下が変わったり、期末の処理が山場を迎えたり、
↓サラリーマンは一番忙しい季節かもしれませんね。
↓本日も、よろしければクリックの方もお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/515-4ca5d36d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。