旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長期集中投資法

これまでずっと私のブログを読んでいらっしゃる方は、ご理解いただけると思いますが、
「絵に描いた餅」のような、ただ理想や希望を書き続けるスタイルは嫌いです。

実際に、自らやってみて、失敗も成功もこのブログで包み隠さず、
進めていこうと試みてきました。

多くの投資ブログでは、今日はいくら儲かったとか、いくら損したとか
ただ数字を並べているブログも多くありますが、
(みなさんがそうだとは言いませんが、)嘘をつこうと思えば
いくらでも嘘をつけます。

そこで、このブログでは、あえて、SBI証券に別口座を作り、
嘘をつけないような作りにして、サンプルとして100万円の運用を公開してます。

偉大な投資家の言葉を引用しながら、
自分でもそれを実践し、なんらかの結果を残す。

これを目標としています。

そのため、どうしても、実例として現在私が投資している銘柄が登場しますが、
だから、「その銘柄がお勧めですよ」というつもりはありません。

考え方を理解するために、参考にしていただければ良いと思います。
(私の本に登場する銘柄も同様です。)

さて、コブリックは、「BASM」と「7つのステップ」を重視しますが、
BASMは、企業選択のポイントであり、
7つのステップは、長期投資家としての心構えのようなものです。

ただし、あくまで長期集中投資家としての投資法です。

いくら、BASMを使って優れた企業を見つけられても、
デイトレーダーのような短期トレーダーにはあまり意味はないでしょう・・・。
むしろ、雑音になってしまうかもしれません。
もっと、短期的に大暴れする銘柄の方が短期トレーダー向きといえるでしょう。

同様に、「7つのステップ」もあくまで、
長期集中投資家にとって有意義な心構えであり、

「マーケットタイミングを利用するな!!」などと言われた時点で、
短期トレーダーの投資スタイルを全否定されてしまいます。

私は、投資スタイルを4つに分けて考えています。
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-349.html
(1年も前の記事ですので、状況はずいぶん変わりましたが、参考までに)

この中で、右下の長期集中投資がこのブログの扱うジャンルといえるでしょう。

もちろん、短期トレード一つとっても、
チャートを重視したり、イベントを重視したり、
あるいは、アノマリーや需給読みに長けている方、
自ら少々相場をイジるスタイル、
さらには、大口投資家の動きを機敏に見つけて便乗する投資法などなど、

数多くのスタイルにわかれてくると思います。

長期集中投資法も、いくつかのスタイルがありそうですが、
バフェット、ピーターリンチ、コブリック、
古くは、フィッシャーあたりは、
共通のポイントを持ち合わせています。

立場や時代の違いのためか、
銘柄選択の基準や投資期間等にいくつかの相違点はありますが、
人気や景気に左右されず、長期にわたって成長する銘柄を探し出し、
それをひたすら持ち続けて財をなすという長期戦略
を最良と考えている点では、
共通しています。

ところが、このような投資スタイルをブログで紹介しようとすると、

長期ですから、銘柄はいつまでも同じものを持ち続ける必要がありますし、
集中ですから、少数の銘柄だけを公開し続ける必要があるのです。

ですから、コブリックを理解するために、
私の経験も含めて参考例を出そうとすると、
どうしても、今公開中の銘柄が登場してしまいます。

しかし、何度も申しますが、その株を買うというのではなく、
考え方の参考にしていただければと思います。

私の保有銘柄の中では、名古屋で急成長中の葬儀会社であるティア社が、
コブリックの説明をするのに、いくつかのポイントを兼ね備えているため、
今後も何度か登場させますが、

仮に、長期的な投資成績が期待ハズレであったとしても、
一切、反論や苦情は受け付けませんので、その点ご理解ください。

では、次回から、BASMと7つのステップをひとつずつ
私なりに説明させていただきたいと思います。

↓すっかり順位は落ちてしまいました。
↓本業の方はすっかり佳境に入り、更新は遅れ気味ですが、
↓何とかブログを続けていきたいと思っています。
↓あまり順位を気にせず進めるつもりではありますが、
↓やはり、モチベーションが下がってしまいます。
↓ご参考になれば、クリックの方もよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/518-fa1ecd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。