旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドケチにまさる蓄財戦略はない

すみません。BASMの説明の途中なんですが、

たまたま、ある雑誌社から、取材の申し込みがありまして、
その対応をしようと自分はどうやって資産を増やしてきたのかを
いろいろと思い出していると、どうやらスタートは結婚からだったなぁ・・。

などと思ってふとカレンダーを見るとその日がちょうど入籍の日だった次第です。

で、もうちょっとだけこのドケチ作戦の効果を書きたいと思います。

企業と同様、家計も収益を高める方法は二つだけです。

収入を拡大させるか?
コストを小さくするか?

しかし、私のようなサラリーマンは、会社の規程なんかがあって、
給料以外の収入を得る方法は、

奥さんが働くか?
資産運用で株や土地から収入を得るか?

そんなには選択肢はありません。

昨日書いたとおり、結婚直後は、妻に嫌味を言われるほど、
貯金が少なかったわけですから、資産運用は論外・・・。

ということで、
奥さんも働く+コストを小さくする(ドケチ作戦)の両面作戦で、
資産形成を進めたのです。

奥さんが派遣で得た収入は全て貯金。
私の年収から、250万円は貯金。
(うちは結婚4年目にやっと、子供が産まれましたので、
 4年近く、それを続けました。)

結果、毎年500万円ずつ貯蓄が溜まり続けました。

妻と私が働いていた4年間は、
500万円×4年=2000万円
子供が生まれてから以降の5年間も、私の収入から200万円は貯蓄を続けていますから、
200万円×5年=1000万円

20代前半で結婚。貧乏子だくさんで、両親の介護もやっているようなご家庭は別として、

30歳前後で結婚。結婚後1~2年は子供いらない。その後、1~2人は子供が欲しい。

という私のような家庭であれば、子供が生まれる前や、まだ小さくカネがかからないうちは、
ドケチ作戦&共働きに勝る資産形成術はないと思っています。

私の実感では、目標が1000万円くらいであれば、
投資の事など一切考えず、ひたすらドケチに徹する方法が、
最短コースの気がします・・・。

もちろん、今では、カネがカネを産んでくれますので、
奥さんも働いていませんし、
ドケチ作戦もずいぶん緩和されました。

それでも、私が通勤に使っている車は、
タダでもらった平成1桁時代のカローラⅡです。

言うまでもなく、会社の駐車場に数十台駐車されている車の中で、
私のが一番ボロです。

(もっとも、田舎なので車なしでは生活出来ず、奥さん付き合いもあるので、
 幼稚園の送り迎え用には2年前新車を買いました。)

↓ご参考になりましたら、↓クリックの方もよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/526-a6d08553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。