旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入口と出口

リーマンショック前、私がこのブログで扱うような、
それまで、聞いたこともなかったような不人気成長小型株の多くは、
どれもこれも少なくとも2倍以上になったのではないでしょうか?

短期トレーダーは、「流動性の低い株に手を出すな!!」という教えを
しっかり守る必要がありますが、

長期集中投資においては、「流動性の低い不人気株からお宝を探せ!!」
が正しいのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(ウォール街の連中は)騒ぎ立て、買うために並び、
出口へ鋭い目を向ける。
すぐに儲けて出口へどっと押し寄せようという魂胆である。

小口投資家は、この多勢の連中と争う必要などない。

出口が混んでいる時にゆっくりと入り口から入り、
入り口が混み合っている時に出口から出ていけばいいのである。


ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)P329
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後の2行、入口、出口の部分は、私の大好きな一文です。
私のような投資スタイルを採用するのであれば、
この部分を暗記しておくと良いでしょう。

私は、いつも、不人気かつ実力のある企業を見つけると、
まず、この言葉を思い出してニタニタしてしまいます。

ファンダメンタルズを無視し、人気や需給を重視するタイプの投資家は、
考えるのが、あほらしくなるほどの激安株を、
「こんな人気の無い株は駄目だ!!」などと捨てゼリフを吐いて、
投げ売りしてくれるので、それを有り難く頂戴出来るのです。

(反対に、考えるのがあほらしくなるほどの激高株に殺到していたりします。)

私たちは、そういう投資家とは真逆の行動をしないといけないのです。

ここへきて、明らかに大型株の動きが鈍くなり、
小型株の割安さに、多くの投資家達が気付き始めました。

秋にはジャスダックとヘラクレスの統合という大イベントもあります。

すぐですよ。半年くらい・・・。

もし、全員参加な雰囲気で、新興市場全体が「ワッショイ、ワッショイ」な状況になってきたら、
今度は売ることを考えましょう。

まだ、そこまでは行ってないと思います。

↓おや、今日も51位。
↓ご参考になりましたら、本日も
↓クリックの方もよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/529-ff900509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。