旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


分散以外のリスクヘッジ手法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
株を買うということは子供を養うのと同じである。
世話を見ることが出来なくなるほど持ってはいけない。
職業としないかぎりは、8~12社を充分に調査していくことは難しい。
ポートフォリオには5銘柄を超えて保有してはいけない。

【ピーターリンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社)P314】
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のポートフォリオは3銘柄で構成されています。

通常、一つのカゴに卵を全部突っ込むのは危険なことと教えられ、
分散投資がリスクヘッジの有効手段と考えられています。

そういう意味では、10銘柄くらい、
様々な業種の銘柄を保有した方がリスクが小さくなるので
良さそうなものですが、
ピーターリンチは、ちょっと別な角度から、
5銘柄以下の保有を推奨してくれます。

(専業トレーダーやプロは別ですよ。サラリーマンである私のようなケースです)

その理由は、数多く所有すると
「世話を見ることができない=企業の状況をチェックしきれない」為だと解説が入ります。

私の場合もブログを書くのに1時間近く時間をかけることはありますが、
自分の銘柄チェックには、1日せいぜい20分程度しか時間をかけません。

それ以上の時間を株に費やすほどの余裕が無いのです。

そのためには、5銘柄以下、しかもシンプルなビジネスモデルで
再現可能な勝ちパターンを持っている優秀な経営者が率いる、
そう、BASMの優れた銘柄を保有し続ける方が、

なんとなく、10も20も平凡な銘柄を分散して持っておくよりも、
リスクヘッジになっている気がします。

分散投資の有効性を否定するつもりは毛頭ありませんが、
分散投資以外にもリスクヘッジの方法はあると言いたいのです。

優秀な経営者なら、ある程度の経営上のリスクを自らヘッジしてくれますし、
シンプルかつ再現可能な勝ちパターンは、少々の為替や景気変動くらいでは、
簡単には崩れません。
(3銘柄ともリーマンショックの前後でも当たり前のように増収増益でした。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この国の大金持ちは、
50社のポートフォリオ投資で財をなしたわけではない。
彼らの莫大な個人資産は、
一つの優良なビジネスを突き詰めることによって
築かれてきた。

【バフェットの教訓(徳間書店)P18】
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

分散投資には分散投資の戦略があり、
短期トレードには短期トレードの戦略があるように、

長期集中投資においては、長期集中投資の戦略が存在します。

最も良くない投資法は、それらをごちゃまぜにして、
優柔不断な判断をしてしまうことでしょう。

あと一つ付け加えるとしたら、
優秀な株式投資家の本を数冊だけ何度も読み続ける事の方が、

様々なジャンルの株本を大量に読むよりも、
効果が高いような気がします・・・。

↓なんとか50位以内で踏ん張っています。
↓本日もクリックよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/532-aa52a353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。