旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10年間のトレンド

バフェットの銘柄選別法の特徴として重要なのは、
10年単位で企業の業績トレンドを重視する点です。

これが、証券会社なんかが提供してくれるスクリーニングでは、
そのような項目が無いため、どうしても手作業が必要になってきます。

前回紹介した麗しのバフェット銘柄によれば、
バフェットは、msnを利用して、長期の業績トレンドを確認するそうです。

それでは、私が所有するDVxの10年間のトレンドをmsnマネーを使って見てみましょう。
http://jp.moneycentral.msn.com/investor/invsub/results/statemnt.aspx?Symbol=3079&lstStatement=10YearSummary&stmtView=Ann

まだ、決算発表直後であるため、前期についてはデータが入力されきれていないようですが、
10年単位の業績トレンドがわかりますね。
すばらしい伸びです。

で、バフェットが投資するのは、このDVx社のように
長期にわたって、安定して業績が伸び続けているような企業です。
(DVxの場合は、その他の条件が合いませんが・・・。)

以下は、ソニーの10年間の業績トレンドですが、
こういう良い時は良いけど、悪い時は全然ダメな銘柄は、
バフェットは嫌います。
http://jp.moneycentral.msn.com/investor/invsub/results/statemnt.aspx?Symbol=JP%3a6758&lstStatement=10YearSummary&stmtView=Ann

業績が全然安定していませんね。
(もちろん、だからといって企業としてソニーがダメダメだとは言いません。
 あくまでバフェットの基準からは外れやすいのです。)

それでは、トヨタはどうなのか?というと、
2008年までは、前者のような力強い拡大がみられますが、
リーマンショック以降、かなり悪化しています。
http://jp.moneycentral.msn.com/investor/invsub/results/statemnt.aspx?Symbol=JP%3a7203&lstStatement=10YearSummary&stmtView=Ann

これを一時的な現象と見れば、ひょっとしたらバフェットのお眼鏡にかなうかも知れませんし、
リーマンショックを期にトレンドが大きく転換したと判断されれば、その時点でNGでしょう。

短期トレーダーの皆さんは過去10年なんてどうでも良くて、

目先、人気が出るか?
業績の急上昇、急回復が期待できるか?
誰でも良いから大口投資家が買い上がってくれるか?
あるいは、テクニカルやチャートが買いサインを出しているか?
状況によってはロスカットできるような流動性が確保できるか?

みたいなところに重きを置くのかもしれませんが、

バフェットは、一つの銘柄を大量に購入しますので、
飛び乗り、飛び降りみたいなことは出来ませんから、
人気や短期的なブームには興味がありません。

そもそも自分が大口なので、
誰かにちょうちんをつけるような真似はしません。

扱う額が桁違いなので、
自分でテクニカルやチャートを作りこめますから、
そんなもん、全く信用しません。

同一銘柄の株を何割も買い込みますので、
少々、流動性が高くてもロスカットなんてしたくても出来ませんから、
最初から、そのつもりもありません。


このように、短期トレーダーとは、
全くと言っていいくらい、真逆な投資戦略で勝負してくるのです。

もちろん、当ブログでも長期集中投資をメインネタにしていますので、
バフェットの投資法も大いに参考にしています。

↓50位キープは難しいですね。
↓もし、ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ひでさん、始めまして。
今後とも宜しくお願いします。

> 自動車産業は、これから電気自動車の普及により今まであまり技術がなかった所が参入しやすくなり、更に競争が激化すると思います。

自動車が家電製品化して日本メーカーは競争力を失い、
トヨタもGMのたどった道を通るとすれば、
日本経済の将来はかなり暗いですね・・・。

次は、家庭用ロボットでしょうか?

【2010/05/26 12:32】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

初めまして。
いつも読ませていただいています。

バフェットが自動車会社を買うことはないと思います。
自動車産業は、これから電気自動車の普及により今まであまり技術がなかった所が参入しやすくなり、更に競争が激化すると思います。
そんな会社の株を購入するとは思えないです。

【2010/05/26 09:22】 URL | ひで #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/551-4ec4d06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。