旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


確かに景気敏感株だらけだ

新聞などで、
「海外の投資家からは、日本株は全体として景気敏感株として見られている」
といった意見を読んだことがある方も多いでしょう。

四季報を見ながら、全くその通りだと感じました。

ピーターリンチは銘柄を6つにわける方法を教えてくれます。

1)低成長株
 GNP並みの成長しか見込めない銘柄
 ・食品にそれっぽいのがいくつかありますね・・・。

2)優良株
 年率10%程度の成長が見込める
 ・ユニチャームやベネッセみたいな会社かな・・・。

3)急成長株
 年率20~25%の成長が見込め、うまくすれば10倍高を狙える。
 ・このブログがターゲットとする小型成長株

4)市況関連株
 売上と利益が循環的に上下する
 ・鉄鋼、非鉄、電機、精密、自動車、化学、建設、海運、不動産・・・・

5)業績回復株
 業績不振の淵から立ち直った(立ち直りつつある)銘柄
 ・ツムラや王将、かつての日産みたいな会社かな

6)資産株
 マーケットの評価と比べて、優良かつ莫大な資産を有する銘柄
 ・バブル時代はずいぶんもてはやされたが、最近はどうだろう?

で、四季報をパラパラめくると、すぐ気づくのが、
1)2)3)がやたら少なく、
業績が全く安定しない4)市況関連株と
業績が長期低落傾向の、上の分類にすら属さない「衰退株」が
やたら多いことです。

もちろん、そんな衰退株も景気が良くなれば一時的に業績は改善しますから、
景気敏感株に分類しても良いでしょう。

確かに海外投資家は、日本株を正しくとらえていますね・・・。

日本企業の多くは技術力を高めた結果、
景気拡大期に一気に売上が増加する
耐久消費財や資本財向けの企業が増えすぎたのかもしれません。

世界景気が良くなると読み切れるのであれば、
トピックス連動型のETFを買って置くのも一興ですね。

もっとも、景気の先行きを正しく読み切れる方が、
世の中にいらっしゃるかどうかは別ですが・・・。

↓もし、ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/574-dd67bfbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。