旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


資産除去債務費用

私の持っているアークランドサービス社が、
6月のとんかつやの月次報告を発表しました。

AL6月度販売実績

既存店の売上が前期比108.7%、全体では118.4%
これに好調が伝えられてるてんぷらやと鯛焼き屋の売上が乗っかってきますから、
少なくとも経常利益ベースでは、相当良い中間決算が予想されます。

ところが、ちょっとこのところ、この株、上昇スピードが弱まりました。

おそらく、本年度中に処理が必要とされる資産除去債務費用の一括計上に関して
不透明感があるからでしょう・・。

新聞や雑誌の報道によると、

例えば、うどんやの杵屋やそじ坊を展開しているグルメ杵屋が、
本年度中に24億円もの特別損失を計上する必要がある等
外食企業への影響は大きいというのですから、

外食関連に投資している人には、
とても恐ろしい話にきこえてしまうんでしょう・・・。

念の為、簡単に説明すると、資産除去債務費用とは、

将来、店をたたむ時に、店舗を空っぽにして、ビルのオーナーに返却したり、
土地を更地にして、土地のオーナーに返却する必要がある場合、

その時に発生する費用を見積もっておき、毎年少しずつ、
事前に費用計上しておこうという新しい会計ルールです。

で、初年度である本年度は、
この新ルールで費用計上しておく必要があった過去分の資産除去債務費用を
一括して特別損失計上する必要があるわけです。

(この説明でピンとこない方や、「そんな話初めて聞いた!!」ような方は、
 本屋さんに行って、IFRSに関する本を買った方が良さそうです。)


さて、ちょっと前置きが長くなりましたが、
では、私が投資しているALサービスは、
どのくらいの資産除去債務費用を本年度計上する必要があるのでしょうか?

コレ、気になりますよね・・・。

けど、もちろん、正確には、私も会社側の発表があるまで分かりません。

ただ、私でも、一つ言える事は、グルメ杵屋と比べれば、
ずいぶん小さな額になるだろうということです。

まず、グルメ杵屋のバランスシートを見てみましょう。

グルメ杵屋減価償却累計

この会社、土地以外の有形固定資産を約280億円で所得し、
減価償却の累計額は、約200億円に達しています。

一方、ALサービスの直近のバランスシートを見ると、

ALサービス減価償却

約21.5億円(グルメ杵屋の7.6%)で有形固定資産を所得し、
減価償却累計額は、9.5億円(同じく4.8%)であることがわかります。

資産除去債務費用については、会社ごとに根拠を示して、
費用を算出するものですから、一概にグルメ杵屋と比較はできませんが、

資産総額や減価償却累計額にある程度比例すると考えれば、

グルメ杵屋が想定している24億円よりも相当小さな金額、
せいぜい、数千万円~2億円程度と予想することができます。

このレベルであれば、絶好調のこの会社なら、
今期、特別損失を一括計上しても、
うまく行けば、最高益更新となるでしょう。

(この会社、言ったことは守る傾向がありますから、
 うまく帳尻を合わせてくるような気がします。)

また、仮に、私の想像以上に大きな金額となって、
連続最高益更新記録が途切れたとしても、

この会計処理の変更により、
本質的な企業価値が変わるわけでもなんでもありません。

将来必要となる費用が事前に分かるだけで、

決算書の透明性が高くなり、
将来のリスクが下がるわけですから、

本当は、株主にとってメリットのある改定なのです。

さらに言うと、過去の例から、
このような一時的な損失をマーケットはあまり気にしません。

グルメ杵屋の24億円特別損失報道は、

マスコミにありがちな、
もっとも影響の大きいところを探し出し、
読者をびっくりさせようという狙いがあるだけで、

株主としては、冷静な判断が求められるところです。

↓お陰さまで、40位近くまでランクが上がりました。
↓昨日クリックしていただいた方々、ありがとうございます。
↓もし、ご参考になりましたら、本日もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ロックオンさん、こんにちは

> 資産除去債務に係る費用は減損損失などと同様、損金不算入になるというのが通説です。

ご指摘有難うございます。

訂正しておきます。
【2010/07/07 19:13】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

>>しかも、目先の税金を節税させてもらえるわけですから、

これは誤解を招く記載ですね。


資産除去債務に係る費用は減損損失などと同様、損金不算入になるというのが通説です。
仮に損金参入になるとしても、そのためにはまず税制改正をしないことにはどうにもならないかと。

その他の内容に関しては、その通りだと思いました。
【2010/07/07 16:49】 URL | rockon #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/584-b3bb8396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。