旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


景気予想から株価を予想する愚

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
どうしよう。みんなが不況だと言っている。
すぐに株を売らないといけない・・・・

というのはおそらく間違っている。

実は過去の株価の変化から景気を予想するとかなり当たる。

ただ、景気予想から株価を予想するのはほぼ無理だろう。

理由は、株式市場がまるで魔法のように経済をいつも先導しているからだ。
株価は景気が落ち込むかなり前に下がり、
景気が回復する前に上昇を始める。これまでずっとそうだった。

【チャートでみる株式市場200年の歴史(パン・ローリング社)】
 ケン・フィッシャー著 P142
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

チャートで見る株式市場200年の歴史 (ウィザードブックシリーズ)チャートで見る株式市場200年の歴史 (ウィザードブックシリーズ)
(2010/03/12)
ケン・フィッシャー

商品詳細を見る


株価が下がると不況がやってくる。
しかし、不況がやってくるという予想から、株を売ると失敗する。

このところ、悪い経済指標がいくつか出てきたために、
将来の経済低迷を織り込むように全体相場が下落しています。

足元の業績は絶好調ですが、そういう好材料は、
「織込済み」として、気にせず、下落しています。

ここで難しいのは、
ケン・フィッシャーが言うように
景気が底を打つ前に株価の方は上昇を始めるという点です。

株価が、下がりだした。
つまり、不景気になるということだ。
だから、株を売る。

という公式も通用しないということです。

予想通り、不景気になった時には、
逆に株は上がり始めているわけですから・・・。
(これまでずっとそうだった・・・。)

結局、誰も未来はわかならい。

そこで、ピーターリンチやバフェットは、そういう読めない景気循環は無視し、
未来が読める企業(景気の影響を受けにくく、一貫して業績を伸ばすタイプの銘柄)を
探し出すことに専念して、素晴らしい投資成績を上げているわけです。

もちろん、このブログもそのスタンスを目指しています。

↓ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

saiさん、はじめまして。

ご質問がありましたので、
早速、「投資の極意は感謝のこころ(PHP)」を買って読み終えました。

これまでも、雑誌やテレビで見て、
四季報を基準に投資対象を選ぶ点や、
大企業でなく中小企業をターゲットとするなど、
「私の投資法と似ているな・・・」とは思っていましたが、
詳しくこの方の本を読んだのは初めてです。
(この本は、さわかみさんとの対談という形式ではありますが・・・。)

で、全く、おっしゃる通りであり、
道理のよくわかっている方だと思いました。

私も、自分一人儲けてやろうという思いを捨て、
こんなブログでも長く続けることで、
すこしでも、人様の役に立とうとか、

このブログを通じて、
長年の夢である理論株価の本を出してやろうと
「わくわく」やってきましたので、
大変共感できました。

saiさんのコメントがなければ、
この人の本を読もうとは思っていませんでしたので、
ありがとうございました。

尚、当ブログは、
ピーターリンチの投資法をリアルタイムに実践することで
その投資法のすばらしさをお互いさま実感していこう・・・

というコンセプトを元に、

彼と親交の深いバフェットやコブリック、
また、ピーターリンチも尊敬する偉大な投資家であるテンプルトン、
そして、データ的な裏付けのために、
シーゲルやケン・フィッシャーあたりの文章も交えながら、
展開しています。

投資法や投資スタイルは非常に多くあり、
そのどれもを実践することは、

結局のところ、
全てにおいて中途半端となる思いから、

一応、ピーター・リンチを中心に、
彼の投資思想から外れない範囲でブログを進めているため、
竹田和平さんや澤上さんを取り上げる事は
これまでなかった次第です。
【2010/07/21 00:00】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

外国の投資家ばかり紹介されてますが、日本の竹田和平さんはどう思いますか?
【2010/07/20 10:14】 URL | sai #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/596-03943aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。