旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


電子レンジを買うよりも・・・。

yuuyan331さん、アロハさん、コメント有難うございます。

今日は、頂いたコメントに反応いたします。

>会計を知らずに株の世界に足を踏み入れるのは・・・・

ピーターリンチは、
電子レンジを買うよりも、(検討に要する)時間をかけないで、
大金を株に突っ込む人があまりに多いことを指摘しています。

実際、PERやPBR、業績予想とご本人の直感だけを根拠に株を買うのであれば、
10分もあれば、検討は完了してしまいます。

けれども、例えPERやPBRが同水準でも、
借入金の大きさや、本業以外での偶発的な収入の大きさ、
損益分岐点、一般管理費の傾向・・・・・・・等など、
決算書やキャッシュフロー計算書をじっくり読み解くと、
全く異質な企業だということが、誰でも理解できるはずです。

その入り口が簿記なので、
「大金を株に投入する前に、1度は勉強してみたら?」
と、考える次第です。

>実際にはピーター・リンチならEPSの伸びが落ちてきた時点で、
>ほとんどの持ち株を処分してると思います

そうですね。
ピーターリンチの株の教科書第3章「会社の一生」の中にあるように、
どんな成長企業も、いつかは成長しなくなると、教えてくれています。
ファニーメイも、ピーターリンチが投資したタイミングでは、超成長企業だったのでしょう。

>全体の影響で持株が下がるのは、そんなに嫌じゃなくなりました。

持っている株が下がると、憂鬱になるのは当然ですよね。
ヤフー掲示板でも、今回の下落局面では、暗いカキコミが大量に増えました。
(今は、それすら無くなってきましたが・・・・。)
カリスマトレーダーの人気ブログも次々と閉じてしまったようです。
(で、無ければ、私のブログがこんな上位にくるはずが無い!!)

ウォーレンバフェットは
「ビジネスが好調なら、やがて株価もついてくる(バフェットの教訓:徳間書店)」
と、教えてくれます。

全体の影響が、ビジネスそのものにさほど影響していないのであれば、
気にする必要はないと思います。

ファンダメンタルズを根拠に投資をする場合は、少々「鈍感力」が無いとうまくいきませんね。
ピーターリンチも、「刺激が強すぎる」という理由から、
リアルタイムでは場を見ないことにしていたそうです。

ピーターリンチ的投資法の良さは、
前の晩のNYや金融機関の決算、各種統計速報などに
いちいち、ハラハラどきどきしなくて済むところにあるかもしれません。

私も以前は、昼間は、常に場を見ていないと落ち着かず、
夜は夜で、NYやヨーロッパの状況を見ながら、明日の戦略を練る。
本当に生活の大部分を株に使っていました。

けど、今では、
もっと大事なことに人生を費やして、ついでに投資も楽しむ。

このくらいのスタンスが丁度だと考えるようになりました。

↓クリック・拍手・コメント有難うございます。
↓ブログ立ち上げてる人間にとっては大変嬉しいものです。
banner2.gif
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/60-2860b553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。