旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうしてドルなのにSなの?

今日は小ネタで・・・。

九州出張の帰りの新幹線の中で飲んだくれているうちに、
急に気になった事があります。

なんで、ドルって、$と表示されるのだろう・・・。

みなさんは気になりません?

円が「¥」と表示されるのは、
なんとなく、ENでは、インみたいな発音になってしまうので、
YENにして、その頭文字を取って、「¥」だろうという気はしていましたが、

ドルって、dollar(ダラー)だから、どこにもSなんてないじゃん!!

で、ウィキペディアで調べると、

ペソを表示するPSのPとSがくっついて、
「$」になったというのが有力な説のようです。

↓詳しくはウィキペディアへ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB

なるほど・・・。

ペソが$に変身したわけか・・・

スペインが世界経済を制していた時代の名残ってわけですね・・・。

ただし、他にも説があるようで、
スペインの頭文字のSをとったというものや
U(ユナイテッド)S(ステイツ)のUSがくっついたというのもあります。

詳しくは、星田直彦氏の雑木話から、
↓バックナンバーのNo.40(少々読み応えありますが、面白いです。)
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/ZOKI/INDEX.HTML

うーん。

こっちの方が面白いけど、
(特に二本円のくだり)

どうも、ペソ説の方が説得力ありそうですね・・・。


では、日本の通貨が「円」になった理由についてはどうでしょうか?

星田氏も説明していますが、念の為、ウィキペディアでも調べると、

もともとは、スペインやスペインの影響が大きいメキシコから、
中国に入った「銀圓」に由来するようです。

圓では、書くのがめんどくさいので、中国では元、日本では円となり、
韓国のウォンも「圓」がルーツのようです。

詳しくはウィキペディア↓(こちらも少々読み応えあり)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%93

ということは、結局、元も円もウォンもドルも、もとをたどれば、
スペインということなんですね・・・。

どうやら、今では、PIIGS扱いのスペインも、

歴史的には世界通貨のペソ(へそ)と言えそうです。


↓ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/602-0d5e6dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。