旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


循環株の難しさ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
循環株はブラックジャックのようだ。
ゲームに長く参加していると、
儲けをまるごと持っていかれてしまうからだ。

【ピーターリンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社)】P167
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブラックジャックといえば、
日本の「おいちょかぶ」、あるいは、単に「株」と呼ばれているゲームに
似ていますね。

私も、学生時代、ちょっとした合間に、花札で「株」良くやりました・・・。

ほんのちょっぴり、頭脳も使いはしますが、
ほとんど、運やツキが支配しているゲームです。

短期的には一方に大きくツキが傾いて
勝ちが膨らんでいくこともありますが、

長く続ければ、大抵、どこかでリズムが狂いだし、
全部持って行かれるのです・・・。

「さっきはこう来たから、今度はこっちだ!!」

この程度の推量だけを根拠にして、
長く勝ち続けられたら、その方が不思議です。

ところが、ピーターリンチは、現実の「株」の世界においても、
循環株(あるいは、景気敏感株)への投資は、
それと似たようなものだというのです。

私も今回、メガバンクのあまりの安さに、
個人的には三井住友FGを
ブログ上では、代用品としてみずほFGを買ってはみましたが、
やはり、小型成長株への投資とは、全く異なります。

充分に安いとは思うのですが、先が全く読めないため、
それが本当に安いという確信が持てないのです。

とんかつ屋や葬儀屋であれば、
良いも悪いも、ある程度は想像がつきます。

どうしても、気になれば、店や葬儀会館に行けば、
知りたいことの半分くらいは分かりますし、
(新型インフルエンザが流行ったとき、
 株価は急落したが、とんかつ店には客があふれていた。)

既存店の売上だって月次で教えてもらえるし、
出店情報もリアルタイムで教えてもらえます。

このようなデータが良好である限り、
どんなに株価が低迷していても、
自身を持ってホールドが可能なのです。

しかし、メガ銀行や市況関連企業、あるいは国際優良企業は、
どっちに進むかなんて誰も分からない
為替や景気、マネーの需給に振り回され続けているため、
調子よく勝ちが積み上がっていても、
ちょっとリズムを崩すと、全部持って行かれるのです。

もちろん、近所の銀行の窓口を観察しても、意味はありません。

結局、こういう企業ばかりに投資していると、
「誰も分からない未来に期待する」よりも、
「現実に獲得した利益」を優先する
短期トレードが合理的に見えてきます。

やはり、長期投資向きの銘柄と、
短期トレード向きの銘柄を分別して
自らの投資戦略を構築することが重要だと思います。

↓もし、ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/621-c3b35a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。