旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


連動する世界の株式市場

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
世界のマーケットは同じ波にのって動き、
同じ世界的なトレンドの影響を受けている。

もし、ある国の株価が別の国よりもはるかに安ければ、
それは、「安い」国の方が(今後の)利回りは高いということで、
資金はそこに流れていくだろう。

(中略)

何十年たっても(このような)状況は変わらない。
グローバル市場はみんなが考えている以上に相関性が高い。

【チャートで見る株式市場200年の歴史(ケン・フィッシャー)】
パンローリング社 P96~97
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日の記事の補完です。

ケン・フィッシャーは、非常に長期、
場合によっては数百年単位のチャートを分析し、
私達に、マーケットというものはどういうものか?
様々な角度から教えてくれます。

その中で、過去の例から、

今の日本市場のように一時的に、
あるマーケットが、
世界のトレンドから大きく外れた場合、

その後、その遅れをキャッチアップするように、
強く上昇することを、示唆してくれます。

日本だけは、世界のマーケットとは独立して動くという世界観は、
持たない方が良いでしょう・・・。

江戸時代のような鎖国政策や、北朝鮮くらい孤立すれば、
話は別ですが・・・。

↓気がつくと、30位台まで順位が上がってきました。
↓周辺には、私同様、ビッグトゥモロウに掲載されたブロガーさんも多いようです。
↓この辺まで順位を上げると、雑誌からの取材可能性も高まるのかも知れませんね・・・。
↓もし、ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

サワケンさん、こんにちは。

> こんな地味な銘柄も業績がよければ紹介されるんですね。
私も、オール投資、立ち読みしました・・・。

同じ週に発売の週刊ダイヤモンドはFC特集でしたが、
こちらでも、ALサービスは上から5位と高い評価でしたね。

ファンダメンタルズからスクリーニングすれば、
この銘柄は押し出されてきます。
【2010/09/12 07:29】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

奥山さん、こんばんは。
ふむふむ、日本だけが取り残されている現状はいつか是正される可能性が高いと…

含み益がかなり減っている自分には勇気がもらえるエントリーでした(笑)

そういえばオール投資みてたら編集部特選15銘柄にALサービスが掲載されていて驚きました!

こんな地味な銘柄も業績がよければ紹介されるんですね。
【2010/09/11 23:12】 URL | サワケン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/623-44c53f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。