旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感情的要素

今日も早朝から大分に向けて出張です。
朝、早かったので、また移動中のブログ更新です。

さて、昨日の記事で
明らかに短期トレードに不向きな人々が、
長期的な企業の成長を期待するのではなく、
短期的なマーケットの値動きから利益を取ろうとする心理について
簡単に説明いたしましたが、
これについては、コブリックが詳しくまとめてくれています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
マーケットタイミングに走る感情的要素には
次のようなものがある。

1.保有銘柄に自信がないとき
2.ほかの重要な出来事のために資金を投資しているとき
3.多少の欲が出たとき
4.忍耐力が欠如しているとき
5.ギャンブルをしたいとき

<富者の集中投資 貧者の分散投資(パンローリング社)>
フレデリック・R・コブリック P324から抜粋
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ちょっと分かりにくいのは2だと思いますが、
この部分は、

企業の成長に投資するのではなく、

企業を取り巻く外部環境の変化に対する投資として
その影響を最も受けやすい企業に投資するような行為

と、言えるでしょう。

例えば、円高に懸けて輸出企業を空売りするような行為です。

確かに、今の短期トレーダーやFXトレーダーをみていると
1~5の一部、または全てが当てはまっているようにみえます。

こんな感じのトレーダーも少なくないのではないでしょうか?

1.メガ銀行の利益構造なんて、何が何だかわからないけど、
(保有銘柄に自信がないとき)

2.金融不安はどうやら収まりそうなので、
(ほかの重要な出来事のために資金を投資しているとき)

3.反動高を狙って、みずほで、一発、大儲けしてやろうと思ってたら、
(多少の欲が出たとき)

4.武富士潰れて、こりゃだめだ!!一旦、逃げろ~!!
(忍耐力が欠如しているとき)

5.もう、こうなったら、ドデン売りでギャンブル勝負だ !!
(ギャンブルをしたいとき)

と思ったら、日銀が踏み込んだ金融対策をやりやがった!!
ぎゃ~~~~!!!
(マーケットタイミングを図るのは難しい)

みたいなことばかりやってしまいがちでは?


日本の株本や株冊子の多くは、
1~5をやれと言わんばかりの
特集を組んできますが、

合衆国の偉大な長期投資家たちは、
そのようなトレードで少々勝ちを積み上げても、
一発の失敗で全部持っていかれると
警告してくれるのです。

↓今日もなんとか20位以内にいます。
↓皆様ありがとうございます。
↓もし、ご参考になりましたら、本日もクリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/647-cd653b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。