旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVx特別損失

一昨日、私の保有するDVx社が特別損失に伴う業績修正の発表をしました。

以下、IRから一部抜粋
DVx特別損失

バイオベンチャーへの投資が回収不能となり、142百万の損失が出たのです。

ただ、同時に、本業の順調さも確認されました。

第一四半期では、営業利益ベースで前期比25%ものダウンだったのですが、
半期ではプラスにまで持ってきています。

以下、第一四半期決算短信抜粋資料参照
DVx第1四半期

実は、この会社は、二つの不安要素から、この半年間ずいぶん下げていたのです。

1つには、今回発表のあったバイオベンチャーへの投資失敗による損失への不安

以下、昨年度決算発表資料から、特別損失に関する記述抜粋

DVx特別損失の予兆


2つには、医療費の適正化を狙った政策要因による本業の業績悪化への不安です。
(第一四半期決算が不調だったのはこれが主因)

DVX6か月チャート

そういう意味では、ファンダメンタルズの観点からは、
今回の発表でいわゆる悪材料出尽くしとなった感があります。

大きな不安要素は取り除かれ、ひょっとしたら、
今期も増益を確保する可能性も出てきました・・・。

この会社、創業以来、ずっと高い成長を続けているのですが、
どうやら、今回の大波も何とか乗り越えられそうです。

DVx長期成長
(DVx決算説明資料から抜粋)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
その企業が克服可能な一過性の問題に直面し、
株式市場がそれに過剰反応した時こそ、
絶好の買いのチャンスである

≪麗しのバフェット銘柄(パンローリング社)≫
P135 バフェットの言葉として
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

たぶん、長期的にはこれだと思っていますが、どうでしょう・・・。

(実際、昨日は、朝、売りが出たものの、その後買いが入り、陽線となっている。)

老亀クリック依頼
↓もし、ご参考になりましたら、本日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/670-adda149e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。