旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALサービス第3四半期決算

昨日は、私が持っているアークランドサービス(3085)の
第3四半期決算の発表がありました。

第2四半期には、この会社がテレビで取り上げられるなどしたため、
四半期ベースでは、その反動が若干感じられますが、
店舗を順調に増やして純益ベースで50%増益です。

以下、決算短信から一部抜粋

ALサービス第3四半期決算

上のブルーの記述については誤りです。
ALサービス社に確認したところ、資産除去債務費用については、
来年度処理として決定しています。


過去6年間の売上と純益の推移をグラフにすると下のようになります。

ALサービス売上純益グラフ
(数字は平成21年期有価証券報告書から。平成22年度は会社発表の予想数字。単位:百万円)

短期的にはいろいろあるかも知れませんが、
この調子なら、純益10億円もそれほど遠い未来とは思えません。
(実力的には既に純益7~8億のレベルに到達している。)

純益が10億を超えると、仮にPER10倍でも、
時価総額が100億を超えることになり、

時価総額で制限のある投資信託の購入条件や
新聞社や雑誌等のスクリーニングにも引っかかり始めます。

そうなると、これほど業績が順調な会社はそうはありませんので、
Jカーブ上昇に弾みがつき、一段高(PER水準の是正)につながるというのが、
これまで10倍高を達成してきた多くの銘柄に共通のパターンです。

短期投資家には、何のサプライズもない普通の決算にうつるかも知れませんが、
長期投資家には、このような業績推移それ自体が全くのサプライズなのです。

老亀クリック依頼
↓もし、ご参考になりましたら、本日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ダルさん、こんにちは。

早速お問い合わせメール送りましたので、
週明けには何らかの返事は来ると思います。

> 今期中に処理してくれる方が気持ちはいいですよね。
そうですね。

5年単位でみれば、「そんなこともあったなぁ~。」くらいでしょうが、
1年単位では、マイナス要因はさっさと片付けてほしいと思いますね。

【2010/10/31 08:49】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

>以前、IRに電話で確認したときは、
今期もしくは来期のどちらかで処理しようと考えているとの説明でした。

そうなんですか。
会社側がそうおっしゃるならそうなんでしょうね~。
どちらにしても数字遊びでしょうけど、今期中に処理してくれる方が気持ちはいいですよね。
【2010/10/31 07:59】 URL | ダル♪ #-[ 編集]

ダルさん、こんにちは。

>おそらく来期になると思います。

そうでしたか・・・

以前、IRに電話で確認したときは、
今期もしくは来期のどちらかで処理しようと考えているとの説明でした。

他にも聞きたいことがありますので、もう一度、IRに確認してみます。
【2010/10/30 17:34】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

こんにちは。

かつやは普通に順調な決算でしたね、普通、順調以外何も感想が浮かばないのが素晴らしいと個人的にも思います。

資産除却債務の適用は、原則として2010年4月1日以降開始する事業年度から全面適用ということなので、おそらく来期になると思います。
【2010/10/30 16:18】 URL | ダル♪ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/671-3921a4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。