旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分をダメだと思う国

今回の上昇局面において、本当に情けなく思うのは、
その上昇理由のまず第1に、
「海外の投資家の日本株に対する見直し」
が挙げられていることです。

日本株が割安なのか?割高なのか?

日本人よりも先に外人が気づいて、
それで騰がっているというのは、
情けないと思いませんか?

本来、日本人は、日本株を天高く放りあげるくらいの貯蓄を持っているのに、
株価を適正に判断できる目を養っていないために、

他人が買うまで、自分達の国の株が安いのか高いのか
判断できないのです・・・。

先日、うちの奥さんが、「娘の教育に役立ちそうだから」という理由で
子育ての本を買ってきましたが、
その本の中に、面白い調査結果がありました。

世界の中学生に
「自分はダメな人間だと思うか?」
との質問に対して、

「そうだと思う」と答える人の割合は、

中国:11.1%
米国:14.2%
日本:56%
(日本青少年研究所平成21年2月調査データ)
≪大好きが伝わるほめ方・叱り方(1万年堂出版 明橋大二)≫

だというのです。

この原因は、日本人の親の教育の仕方にあるのではないか?
というのがこの本の主張ですが、

先日の世界からどう見られているか調査と合わせても、
自分達をダメダメだと思い込んでいる国民性が、
株式の低迷にも影響していると考えるのは、
さすがに想像の飛躍なんでしょうか?

↓9月7日当ブログの記事
↓(日本人は、自国に対する自国民の評価が異常に低い)
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-619.html

老亀クリック依頼
↓もし、ご参考になりましたら、本日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/692-b0dfc1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。