旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログは休止中です

このブログは、現在休止中です。

ただ、私の本や雑誌の記事、
あるいはリンクしてくださっているブログ等から、
わざわざご来場頂く方が、
少なからずいらっしゃるようですので、
せっかくですから、
過去、好評だったカテゴリを4つほど紹介いたします。

お時間のある方は読んで帰っていただければ幸いです。

1)Jカーブ上昇で10倍高を狙え!!
当時(2008年9月)、私はこの記事で、
人気ブログランキングの「金融・投資全般」部門で1位となり、
その後、読者数がどんどん増えて行きました。
結局、その後2年間かけて、この投資法の有効性を証明することができました。
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-4.html

2)社名は株価に影響するか?
ちょっと娯楽系かも知れませんが、
株式市場の不合理さを私なりに証明しようとしました。
時間のある方は、こちらもどうぞ
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-3.html

3)岩の心電図
Jカーブ上昇は、ファンダメンタルズと株価のギャップが
最大級になるため、大上昇が期待できる超大技ですが、
いつもいつも狙えるものではありません。
そこで、どんな時代にも存在する
不人気割安企業を探すヒントとして
「岩の心電図」なる投資法が存在します。
特に、この中で説明している「鈍・忍・観」は
長期投資家にとっての基本的心構えと考えています。
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-10.html

さて、ここでCMです。

私は2010年1月に中経出版から本を出しました。
(このブログが人気化してくれたおかげですが、)

実は、株式投資をするのであれば、絶対に知っておきたい概念があります。
それは、「ファンダメンタルズ」という概念です。

(このファンダメンタルズを実際に投資戦略に応用したモノが、
 これまで紹介した「Jカーブ上昇」や「岩の心電図投資法」です。)

もちろん、ファンダメンタルズとはいったい何のことか?
さっぱり分かっていなくても株式投資は出来ます。

しかし、仮にファンダメンタルズを投資法の一部に取り入れないにしても、

「どういう理屈で株価が成立するのか?」

という根源的な疑問に一定の理解を得ておいても何ら損はありません。

ところが、どういうわけか、多くの日本人は、
ファンダメンタルズとファンタオレンジの違いを
正しく説明することができません。
(ファンタの方は説明できても、ファンダの方をうまく説明できますか?)

専門書や証券会社のサイトでも、
「ファンダメンタルズとは経済の基礎的条件を指す。」
等という抽象的な解説でお茶を濁したりしています。

本当は、決して難しい概念ではありません。

バフェットやピーターリンチ、シーゲルといった偉大なファンダメンタリスト
(ファンダメンタルズに重きを置いた投資家のこと)
の解説を丹念に読み込んで行くと、
彼らは「ファンダメンタルズ」を極めて単純な概念としてとらえていることが理解できます。

そこで、私は「株式投資におけるファンダメンタルズとは何か?」を
誰にでも分かりやすく解説する入門書として1冊の本を書きました。

高校生や専業主婦でもわかるように
ある不思議な梨の木にまつわる物語を作って、
イラスト入りの本にしたのです。
(出版当時は日経マネーやあるじゃん等のマスコミでも紹介されました)
 
↓こちらもご興味がございましたら宜しくお願いします。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)


4)エナフン式長期集中投資法
私が書いた「世界一やさしい株の本」では説明しきれなかった
「ファンダメンタルズを用いた長期投資法」をまとめています。
ちょっと時間がかかるかも知れませんが、お時間のある方はこちらもどうぞ!!
(専門用語も普通に使っていますので、
 初心者にはちょっと分かりにくい部分もあるかもしれません。)
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-13.html


尚、当ブログでは、投資法の有効性を証明するために
リアルタイムで、実際にブログ用に口座を開設し、
サンプル的にスタート時100万円で実資産運用も公開してきました。
(2008年の7月1日から、ブログ休止中の現在も継続中です。)

そちらの方の投資成績は以下のようになっています。
2010年:+45.24%
2009年:+67.56%
2008年:-21.38%(リーマンショックでへこんでいる)
1012.jpg

もっとも、過去の私の保有銘柄に便乗投資しても、
既に状況は刻一刻と変化しており、
必ずしもうまく行くものではないでしょう。

これまで説明したような特徴を持つ銘柄を
ご自身で探しだす能力を身につけることが、
長期集中投資法で成功するための必要条件となるのです。

念の為に最後にこちらも読んでみてください。
 http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-165.html 


↓もし、ご参考になりましたら、クリックもお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

愛読者さん、こんばんは。

せっかくコメントを頂きましたので、

なるほどボチボチブログでも再開してみるか?

と思って、ここ数日いろいろと想いを巡らしてはいたのですが、

どういうわけか、いざ記事を書こうとすると、
全くもって妙なハプニングが発生しまくり、
やはり書きたくても書かせてもらえないのです。
(とはいえ、どこかの地震世言者のような特殊能力はない。念の為。)

現在、東日本大震災を横目に、
私の本業(企画部門)の方は順調に進み、
またまたそのうち新聞に記事が出せそうな雰囲気で、
そちらの方が楽しくて仕方がないのです。
(講演やプレゼンの依頼は既に入り始めた。)

どうやら、もう一人の自分はそっちを真剣にやりたいようです・・・。


とはいえ、せっかくコメントを頂きましたので、
今の相場に対して、私なりの印象を書かせて頂きます。

まず、このようなリスクの大きな時は、
例え、激安銘柄がそこにあっても、
全く慌てる必要はありません。

大口の投資家も、仕込みは始めているかも知れませんが、
仕掛けを入れるにはリスクが大きすぎると考えているのです。

逆に、いま保有している銘柄がこの段階からさらに下げるとも思えません。

ファンダメンタルズがしっかりしている銘柄であれば、
上には行けないけど、下に大きく崩れることもないと思っています。
(首都が関西に移るような重大緊急事態が発生しない限り・・・)

実際問題、3月決算が出そろってから、
おもむろに震災に無関係に売り込まれている
不人気成長銘柄を探し出しても、
せいぜい、底値から1~2割程度騰がっている程度でしょう。

その上昇分は頭かしっぽと割り切って、
リスク選考的な投機家に呉れてやり、

リスク極小・リターン充分なタイミングで
ボチボチ突っ込んでいけば良いだろう・・・。

というのがこれまでやってきた私の感想なのです。
(リーマンショックの時もその方法で充分間に合った。)

実際、例えば私の持っているALサービスの長期業績見通しは、
震災前後で何が変わったというわけでもありません。

けど、株価の方は震災直前より大きく下げたままです。

そういう意味ではギャップが大きくなっているとは思いますが、
意外にもミスターマーケットはそれほど慌てんぼうでもないようです。

もう少しはっきり申しますと、
「小型成長株については当面退屈な相場展開がつづく」というのが
私の個人的な本線です。

6月発売の四季報が出れは、誰の目にも濃淡がはっきりするでしょう。

勝負どころとしては、
それよりも若干先に動きたいところではありますが、

最悪その後から吟味に吟味して動いても、
充分間に合うのではないでしょうか?

いろいろ書きましたが、酔っぱらい頭での
思い付き文章ですので、まぁ、参考程度でお願いします。
【2011/04/21 23:37】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

いまこそ何らかのメッセージを発するときなのでは?

明らかに優良小型株の買い時と。
【2011/04/18 00:13】 URL | 愛読者 #YH9wa2gA[ 編集]

田舎のkenさん、こんにちは。

ご無事で何よりです。
ブログが再開されているのを見てひと安心しておりました。

もちろん、私は西日本に住んでいますので大丈夫です。
(釜石や宮古で案件があり、たまに仕事で行っていたので、
 被災する可能性は0ではありませんでしたが・・・。
 ただ、時々行って知っているだけに、
 その変貌ぶりに目を疑いました・・・。)


>どこまで織り込んでいるかはよくわかりませんが・・・

全くその通りですね。

ずっと、安全資産は日本国債、
成長期待は日本株式という組み合わせで、
運用を続けてきたのですが、

先日、さすがに信念が揺らいでしまい、
個人向け国債は全部売却して、
安全資産部分は国際分散投資に宗旨替えしつつあります。

(ただし、日本株式についてはそのままです。
 株式は企業の部分所有権であり、
 あくまで実物資産の一種であると考えているからです。)
【2011/04/03 21:59】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

こんにちは、お久しぶりです。

遅くなって申し訳ありませんが、震災の際にはコメントをいただきまして本当にありがとうございました。大変励みになりました。

奥山さんもご無事だったようで何よりです。

市場は動きが激しいですね。どこまで織り込んでいるかはよくわかりませんが、チャンスがあればホームラン狙いでフルスイングしていく姿勢を忘れずにいきたいですね♪
【2011/04/03 10:22】 URL | 田舎のKen #-[ 編集]

奥山様、早速の回答ありがとうございます。
私は今回の暴落でALSはかなり買い増ししました。ビジネスモデルは健在ですし、財務も強固なので乗り切れると思っています。
ブログがお休み中にもかかわらずありがとうございました。お体ご自愛ください。
【2011/03/27 11:57】 URL | コアラ #-[ 編集]

コアラさん、お久しぶりです。
全くもって大変なことになってしまいました。

このような事態に
長期投資家はどう考えれば良いのでしょうか?

まず、私は、ピーター・リンチにならって、
物事は楽観的にとらえるようにしていますので、
これ以上状況が悪化して、
首都が関西に移るようなことは想定していない前提で
お答えします。

今回の地震による株価に与える影響は、
1)地震・津波・放射能汚染による直接的な経済被害
2)地震・津波・放射能汚染によりサプライチェーンがマヒする
  間接的な被害(自動車の部品調達や外食の野菜仕入など)
3)計画停電による機会ロス
4)消費マインドの変化による経済萎縮
5)株価・為替が不安定になることによるリスク高
といったところでしょうか?

一方、中期的にはこれらを克服するような業種に
特需が発生するという一時的なプラスの面も生じています。

例:復興需要や停電に伴う乾電池需要など

次に上記1)~6)が、どの程度の範囲でどの程度の期間、
継続するかを検討しましょう。

1)2)はこれから拡大する可能性は小さいでしょう。
3)は1年程度かかりそうです。
4)~5)は不明な面も多いのですが、
次第に落ち着きつつあるように見えます。

で、ご質問の2銘柄ですが、

ALサービスについては、非常に幸いにも、
1)4)5)は軽微です。
問題は、2)3)ですが、この会社に関しては、
深刻なレベルではなさそうです。

あまり関東近郊の新鮮な野菜を使っていませんし、
(それが良いのか悪いのかは別として、結果オーライ)
「放射能が怖くてかつ丼が食えるか!!」くらいな
おっさんがメインターゲットですから、
女・子供が主力のファミレスほどは影響が出ないでしょう。

えっ?「かつ丼にのせる三つ葉の調達ルートが心配」ですって???
そんな些細なことにとらわれるタイプの方は、
長期投資向きとは言えません・・・。

また、計画停電についても、せいぜい1年以内程度と考えると、
長期的な成長性に大きな影響を与えるものではありません。

もし、大きく下げるような事があれば買い増したい気分です。

次にパラカですが、
こちらも1)4)5)の影響はあまりなさそうです。
(2010年9月の説明資料に地域別の保有・契約駐車場台数があります)

2)は不明ですが、
パーキング事業に必要な機械の納期が遅れるようなことは考えられます。
ただし、これも1年以内程度の話でしょう。
3)の影響が最も大きいと考えられますが、(IRでもその点を憂慮している)
これも1年以内程度の話です。

反面、電車がマヒしている分、
パーキングの需要が増している面もあるかも知れません。

買い増しはともかく、私はホールドと判断しました。

他は、今回の大震災がファンダメンタルズに与える影響は軽微でした。

DVxなんか、1)~5)に大した問題が発生したとは思えませんし、
震災でダメージを受けた医療機器に
買い替え特需のようなものが発生しているのかもしれません。
株価は急回復を見せています。

尚、みずほは2月に売却しています。
【2011/03/27 07:29】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

その後いかがお過ごしでしょうか?
震災後のALS、パラカの持ち株など奥山様の
見通しをご教示いただけますか?
何卒よろしくお願いいたします。
【2011/03/26 11:34】 URL | コアラ #-[ 編集]

株の新様、コメントありがとうございます。

ずいぶん前からこのブログは休止中なのですが、
意外にも新しい方が次々とご来場下さり、
今日見たら、
未だにベスト10に入っていて驚きました・・・。
【2011/02/25 23:16】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

こんにちは

ブログ閲覧させていただきました!

資産運用には、様々な知識と考えを持って

運用されているんですね。

とても納得しまして お勉強になりました

応援させてもらいます!
【2011/02/25 16:30】 URL | 株の新 #-[ 編集]

パッ○ャ○様 コメントありがとうございます。

基本的には、その判断でよろしいかと思います。

私の投資方針は単純です。

成長かつ割安である限り、その銘柄を保有し続ける。

逆に、成長が止まったり、割高になれば売る・・・。

ただそれだけなのです。

ただし、一時的な要因(特別損失や、天変地異、疫病、ブーム等)は無視します。
それは長期成長性に影響を与えるものではないからです。

問題は、それが、本当に一時的な要因なのか、恒常的な要因なのか、
その判断が難しい場合でしょう。

そのような場合には、
同じ程度に成長していて、かつ同じ程度に割安な株で、
もっと分かりやすい銘柄に乗り換えるのも一つの方法でしょう・・・。

結局、自分がわかる範囲に投資対象を絞ることで、
自分に対するリスクを軽減するのです。

通常、うまく行っている成長企業であれば、
その利益構造やコスト構造なんて、
あまりにも分かり易すぎて、
呆れるほど退屈なくらいが普通です。

「理解できないなら、金を出すな」
~バフェットの教訓No95~

例え、単にあなたが無知なだけで、
その銘柄からの大儲けを取り逃がしたとしても、
「いい勉強になった」くらいに割り切って、
サバサバやって行けば良いんじゃないでしょうか?

時間が立てば、原因ははっきりしてきますから、
復習さえ怠らなければ、投資力はつくはずです。
【2011/02/17 00:53】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

ご無沙汰しております。

はい、大変リラックスしております。
やはり、株式投資のブログ等というものは、
かなり神経を使うものだったようです。

さて、ご質問の件ですが、
確かに、日経平均の12カ月線が、24カ月線を上から下に
デッドクロスしかかっているように見えますね・・・。

3年前は同様のデッドクロス以降、
長期的には下落が続いてしまいました。

ただ、今回のがどれほど意味があるかのかと言われると、
正直、何とも言えません。

理由は

①そもそも私は、チャート信奉者ではない。

②とはいえ、お作法として多少はチャートも見ますが、
 いくら私が長期投資スタイルを取っているといっても
 これほど長期の移動線のクロスには、
 正直これまで関心を払っていなかった。

③ただ、一般論として、
 上向きのデッドクロスや
 下向きのゴールデンクロスは、
 それほど気にしなくてよいと考えられている。

④さらに、移動平均線を根拠にトレンドをつかむ場合、
 チャート(株価)が移動線の上側にあるのか下側にあるのかも
 一つの重要なポイントと考えられているが、
 現状、株価は両移動平均線の上側で推移しており、
 決して悪い形とは言えない。

ということになるでしょうか?

ちなみに、以前書きましたが、
私は通常26週線とチャートの関係を注視しています。

移動平均線にもいろいろありますが、
「半年循環説」とか「小回り3カ月」などというオカルトがあって、
これは「半年単位とか3カ月単位で相場を見ろ」という、
まぁ経験則のようなものですが、

そんな半年間(3カ月×2回)の平均である26週線くらいが、
わたしの投資スタイルでは、
「ちょうど良いのかな・・・。」
と判断している次第です。

もちろん、あくまでチャートもアノマリー同様、
一つのヒントのようなもので、
これを中心根拠に投資をすることはありません。
【2011/02/05 00:14】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]


しばらくです~


リラックスされてますか?



◆唐突ですが、一つ質問させて下さい。



月足/12‥24線が三年振り位に上向きクロスしていますが、
長期指標の参考にして良いのでしょうか?



投資に入門して初めてのクロスなので、
意味は有るのかな~と?
【2011/02/03 18:50】 URL | 相模の介 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/694-d25408aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。