旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リスクの値段

また、ある読者さんからご質問がありましたので、
リスクプレミアムについて、考えてみたいと思います。

通常、国債で資金を運用するよりも、
充分に調査した上で株を買うなら、
株式投資の方が大きなリターンを得られます。
(ピーターリンチは、調査が充分でなければ、
 タンスの中におカネを置いておく方がマシと
 教えてくれますが・・・。)

マーケットが合理的であるなら、
異なる金融商品間でリターンに大きな差は出ないはずです。
しかし、リターンの確実性に差がある場合、
すなわち、リスクに差がある場合、
マーケットはよりリスクの高い金融商品に対して、
より高いリターンを要求します。

それがリスクプレミアムです。

もし、預金金利が1%で、株の期待リターンも1%なら、
誰も株式投資なんてやらずに貯金するでしょ!!

そういう話です。

まぁ、良く分からない人は、私の本を読んでください。

1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)

正直言って、リスクプレミアムなんて、そんな難解な話ではないのですが、
正確に伝えようとすると、
どうしても素人さんにはチンプンカンプンな世界に入ってしまいます。

そこで、少々正確さは軽視して、
逆に分かりやすさと普遍性を重視してこの本を書きました。


さて、私は、その本の中で、

株価 = 近未来の1株利益 ÷ ( 金利 + リスクプレミアム )

という単純な公式で、マーケットの動きを理解することができ、
株価の妥当性を判断する根拠として利用できると説明しました。

ところが、

ここでいう「リスクプレミアム」はいったいどのくらいが妥当なのか?

それが、良く分からない。

というのが今回のご質問です。


まず、先に結論から申しますと、

「そんなものは分かろうはずもない」

ということになります。


ちょっと、妙な説明になるかもしれませんが、

「自分にとって、今の彼女は妥当なのか?」

という命題くらい、答えの出ようはずもないものだと考えています。

しかし、この「答えの出ようはずもない命題」に
多くの人が何らかの結論を出して、
結婚という人生を賭けた勝負に出るわけです。

妥当以下の彼女

その上、結婚して50年、
「まぁ、俺にとってはこいつでちょうど良かったな・・・。」
とか、
「俺にはもったいない嫁さんだった・・。」
等と、最終的にはその妥当性について、
一定の答えまで出してしまうのです。

リスクプレミアムもそれなんです。

何が?

要は、後になれば、分かるのです。

なぜなら、後になれば、リスクの大きさも測定可能となり、
結果的に、
「それほど大きなリスクで無かったのに、
 ずいぶん大きなリスクプレミアムを頂けた。
 (つまり、メチャメチャ儲けさせてもらえた)」
等と言えるのですが、

リアルタイムでマーケットと格闘しているまさにその瞬間に、
「この株のリスクプレミアムは7%が妥当だから、
 2%に相当する分だけ株価は割安だ。」
等と結論を出すことはできないのです。

分かりますよね?

とはいえ、先の結婚話と同様、どこかで、
何らかの基準を元に
「えいっ」
と心を決めて行動に出なければ、
株で利益を得ることは出来ないわけです。

その何らかの基準については、
長くなりましたので、また次回・・・。

本日もご参考になりましたら、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/705-5114f47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。