旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一つ見つかるとその周辺にも・・・

さて、そのようにして銘柄を調べて行くと、
ある事実に気づくことがあります。

それは、特定の業種に割安成長株が集中していることです。

当時、私はドラッグストア業界と外食産業の小型株の割安さに
驚き呆れたのですが、どちらも理由はありました。

例えば、ドラッグストアは薬事法の改正という大きな政策変更を前に
短期トレーダーは買いを入れにくかったのです。

しかし、実際は薬事法の改正が
ドラッグストアの成長を止めることはほとんどありませんでした。

そもそも、他の小売り業界では、そのような法の手厚い守りなど全く無い中で、
優勝劣敗で成長企業がのし上がっている現象をいくつも知っていたので、
「それが原因なら、買いだな。」というのが当時の素直な感想でした。

その後、ドラッグストアと外食の激安株はさすがに騰がりましたが、
(それでも、もとが安かったので、まだ騰げ余地は残っていると思うが・・。)

それからしばらくすると、
今度は、やたら結婚式場と介護施設の株に激安株が団体で存在するのに
気づきました。

これらの業種も今後長期衰退が予想されている内需関連ということで、
多くの投資家の目にとまらなかったのでしょう・・・。

みんなインドや中国に釘付けだったのです。

しかし、実際は、介護者は今後長期にわたって増え続け、
私の周辺ではアラフォー結婚がやたらと増えていました。

「えっ、○○さん、結婚するの???」

結局、これらの銘柄群からも数倍高銘柄が続出しました。


さて、今回もある業種の業績回復に目が止まりました。

通販業界です。

ニッセン、ベルーナ、千趣会・・・

昨日の条件をかなり満たしているでしょ。

みんな知ってる企業、
成熟産業、
先端技術を利用する側で、
時代遅れ著しいと思われがちな業界です。

あの分厚いカタログを袋から開けられることなく、
紙ごみの日に出した経験のある人なら、
「こんな立派なカタログ、もったいない・・・。」
と一度は思ったことがあるでしょう。

そして、ちょっと経済に関心のある人なら、
「この業界も、終わったな・・・。」
等と感じたはずです。

それら通販各社の業績回復が著しく、
そのストーリーが気に入ったのです。

実は、通販各社はカタログ送付数をグッと減らし、
ネット企業に変貌しつつあるのです。

(そういえば、うちの奥さんもメールで何やらチェックしていたな・・・。)

あの分厚いカタログの送付数を減らすことは確実にコストダウンに繋がるし、
ネット販売企業なら、
これらの企業が持つ1000万単位の顧客名簿は大変な財産です。

面白いのは、カタログ時代では対応が難しかった
バーゲンや値引き、期間限定、数量限定といった販売戦略を
うまく活用している点です。

以下、ニッセンオンライン
http://www.nissen.co.jp/

しかも、取扱商品の多くは海外からの輸入品で円高はプラスに働きますし、
契約企業が中国に多いのか、それをとっかかりに、
逆に、中国への販売にも力を入れつつあるのが見てとれます。
スマートフォン対応も進めており、ある意味、時流に乗っています。

まぁ、私が買ったか買わなかったか?
あるいはどれを買ったのか?

そういうことについては、今は内緒にしておきます。

あくまで、長期投資法を理解してもらうのが目的で、
推奨銘柄を次々と発表するようなブログにするつもりはないのです。

(いつか、結果についてはご報告するつもりですけど・・・。)

皆さまのクリックのお陰で、50位以内はキープできております。
誠にありがとうございます。
本日もご参考になりましたら、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/716-c951031d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。