旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一からやり直しな人たち

もう一人、私の身近に株式投資をやり直し始めた人間がいます。

B君としておきましょう。

B君は1年ほど前、私にこんな相談をしてきました。

B君「実は、私も株を1銘柄だけ持っています。」

私「ほう。サラリーマンが株式投資をするのは、
  自分の仕事のセンスを磨く上でも悪い話ではない。
  それで、どういう株をもっているんだ。」

B君「当社とも少し業界が近いE社の株を持っています。」

私「うーん。E社か・・・。
  私の感覚からすると最も買ってはいけない株の一つだが、
  どういう理由でその株を買ったんだ?」

B君「もう、ずいぶん前の話です。
   その会社の社長の考えや事業の方向性を調べて、
   ずっと応援したいと思って買ったのです。」

私「なるほど・・・。
  応援するスタンスというのは、悪い発想ではないよ。
  私も常に保有銘柄を応援している。
  で、その後、株価はどうなんだ??」

B君「えっと・・・。
   それが、良く分からないのです・・・。
   もしかしたら、上場廃止になっているかもしれません。
   ヤフーファイナンスで調べても出てこなくなったのです。」

私「はあ?自分の証券口座はみないのか?」

B君「3割くらい株価が下がるまではチェックもしていたのですが、
   引っ越しやら何やらで、
   もう、どうなっているか、分かりません。」

私「・・・・・・・・・・。

  (気を取り直して)
  まっ、心配すんな。
  この20年、そんな人間がたくさん増えたことを私は知っている。
  60歳以上のおっさんに、株の話をすると、
  それに近い返事が返ってくることも多いんだ。

  幸いにもその銘柄については俺も多少知っている。
  確か、何年か前にホールディング化して、
  社名が変わっているだけだ。」

  (スマートフォンで調べると、すぐに出てきた。)

私「株価は○○円だね。君の買値は?」

B君「ええっ、そんなに下がってるんですか?!」

私「・・・・・・・・・・・。

 (もう一度気を取り直して)
  もう良い。買値は聞かないよ・・・。

  ただ、大変申し訳ないが、
  君の投資スタイルは根本的に間違っていると言わざるをえない。
  (だから、驚くほどの損を出したわけだが・・・)

  まず、応援目的で買っているにも関わらず、
  応援を途中でやめている。

  そして、その後はその銘柄から目をそむけ続け、
  今、どうなってるかすらわかっていない。
  (保有理由もないまま保有し続けている)

  そもそも、君はその株を買う時に、
  その価格が妥当かどうかという基本的な問いを無視して
  ただ、応援したいという理由だけで買っている。

  大変残念だが、まさに君のような人間を指して
  かのバフェットは次のように例えている。

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   天と同じく、
   市場はみずから助くるものを助く。
   しかし、天と違って、
   市場は右も左もわからぬ者を許さない。

   「バフェットの教訓」P30 徳間書店
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 」

B君「せっかく、奥山さんみたいな人が身近にいるんだし、
   もう1回、株、やりなおしたくなってきました・・・。
   まず、何をすれば良いですか?」

私「まずぅ~?????
  決まってんだろ!!
  証券会社に連絡して、住所変更届を出せ!!
  そしてパソコンやスマートフォンで売買できる環境を整えろ!!
  それから、E社を迷うことなく、タタキ売れ!!
  それもしないような奴とは株の話は一切したくないからな・・・。」

B君「わっ、分かりました・・・。」  

もしかしたら、こんなB君みたいな人、
世の中にはたくさんいるかも知れませんね。

さすがに、こんな地味な私のブログにたどりつくような人に
このレベルの人はいないでしょうけど、
意外とこのレベルのやり直しニーズは大きいかも知れません。

証券会社も、銘柄があるにも関わらず、ほとんど動いてなく、
しかも大損しているような口座をリストアップして、

「もう一度、やり直し。一からの株式投資勉強会」

みたいなのやってやれば良いのに・・・・

等とも思いますが、その証券会社自体が信用されてないから、
B君みたいなのが、未だにいるのでしょう・・・。 

ソニーとだけは言わないで
≪チャートはmsnマネーから、ソニー2000年1月以降について(一部加工)≫

ブログ休止前と比べて、皆さまの拍手やクリックの数が多く大変励みになっております。
誠にありがとうございます。
本日もご参考になりましたら、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

パッキャオさん、こんにちは。

そうですね。
私の投資法では、
応援したいという気持ちだけでは
投資対象にはなりませんね。
【2011/10/19 07:47】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

こんにちは

先週、父親が死んで急遽田舎に帰りました。……おふくろが30年程前から互助会に入っていた葬儀社で葬式をあげたのですが、式そのものは悪いものではなかったけど、神主さんが〇〇神社で二番目に偉い人だとか(うちは神道なので)、なんやかんやで90万程取られたそうです。

高い!と思ったけど、喪主の兄貴はそんなもんだろ、逆に安すぎたら、信用できん!と言っていました。

まぁ、僕がお金を出すわけではないのでどうでもいいけど。

……某葬儀社の事を思い出しました。大手が参入して価格競争に入り、中々難しい曲面に入ってしまったけど、応援したいですねぇ。……でも、難しいですね、やっぱり。

【2011/10/17 05:30】 URL | パッキャオ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/720-ed39dd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。