旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バフェット本が売れている

最近は本屋にバフェット関連の本が良く並ぶようになりました。

株価が下落する前は、カリスマトレーダーの
テクニカルやチャート、デイトレ関連本ばかりでしたが、
大幅に下落して皆が冷静になったときに、原点に帰る意味で、
バフェットの投資スタイルが注目されるのでしょう。

確かにバフェットの本は、奥が深く、
長年投資を続けてきたものには、
心にしみこむ内容となっています。

私の推奨本の「バフェットの教訓」も、いいですよ。
ちょっとした「投資の会話」で使える言葉がてんこ盛りです。

ただ、これらの本を読んでも、
「じゃあ、そんな会社どこにあるの?」
となったときに、内容が抽象的な分、
投資初心者にはわかりにくいかも知れません。

その点、ピーターリンチは具体的です。
いつ、どこを、どう探すのか?

その企業はどういう特徴を持っており、
どういう理由で、それが狙いなのか?

ユーモアたっぷりに教えてくれます。

ちょっと残念なのは、
少々内容が古いのと、
われわれ日本人になじみが薄いアメリカのお話が多いことでしょうか?

この弱点をクリアすべく、
「平成20年の現代日本でピーターリンチ的投資法が通用するか?」
をこのブログで証明しようしているわけです。

どうです?大胆でしょ!!

これで、駄目駄目な結果となってしまっては、
ピーターリンチに怒られてしまいますね・・・。

コメ兵、4-6月期決算、大丈夫かしら?

↓最近は読者も増えてきました。
↓クリックもよろしくお願いします。
banner2.gif
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/73-94864155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。