旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思い出したくない大学時代

先週の土曜日、たまたま出張と重なったので、
久しぶりに母校の大学祭に行ってみました。


10数年ぶりの大学はいろいろと綺麗になっており、
ちょっと違和感はありましたが、
模擬店や催し物は当時と大差なく、

全くパラレルワールドのようです。

違うのは自分が輪の内側にいるか?外側にいるか?

次第に当時の事が鮮明に思い出されるようになり、
だんだん気分が悪くなってきました。

大学時代は、来る日も来る日もギャンブルに明け暮れ、
留年を繰り返し、
そういえば、もう一人の自分が何かを語り始めたのも
この頃からです。

結局、ゼミで証券論を取って
「好きな株のことなら」とゼミだけは出ているうちに
明らかにそれまでのギャンブル仲間とは種類の違う
真面目なゼミ仲間たちの応援をうけて
ようやく授業にも出られるようになり、
何とか中退せずに卒業できたのでした。

ところが、じゃあ、当時のギャンブル仲間はどうなったかというと
これが意外にも悪い人生を歩んでいません。

ギャンブルを全面的に肯定するわけではないのですが、
ビジネスや投資の世界というのは、
ある意味、ギャンブル的要素が強く、
非常に不確実性の高い状況で、
(勝つ確率とリターンを高める努力をしながらも)
どこかでエイッと勝負をしていかないと
結局、ジリ貧です。

いつも一緒に競馬に行っていた友人が、
ある日大学を中退して競馬のアナウンサーになると言い出したとき、

マジか?

と耳を疑いましたが、

今では某有名競馬場のメインアナウンサーになっています。

彼は大きなギャンブルに勝ったのでした。

ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/744-5c547ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。