旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経平均の負け犬4

この投資の重要なポイントである
10銘柄に絞る戦略について説明します。

成長株投資においては、
ピーターリンチは5銘柄まで絞ることを勧めてくれます。

9月28日記事「5のルール」参照
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-700.html

理由は二つあり、

1)個人投資家がそれ以上保有しても管理しきれないこと
2)分散させすぎると、大当たり銘柄を掘り当てても、
  全体に対する底上げ効果が小さくなってしまうこと

です。

ところが、この投資法においては、全く機械的に銘柄選択をするため、
例え10銘柄でも20銘柄でも管理しきれないということはありません。

ですから、1)については気にする必要はありません。

ただし、2)については、バリュー投資においては
重要な考え方ですから、
あまりに範囲を広げすぎるのは、宜しくありません。

日経の負け犬投資法

もう一度、1年前の負け犬10社を見てみると、
スカパーJが55%も上昇しており、
この1社の押し上げ効果が大きく寄与したことで、
全体のリターンをプラスにしていることが分かります。
(重要なのは正解の頻度ではなく大きさでしたよね。
 11月7日記事「ベーブルース効果」参照
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-741.html

機械的とはいえ、
この投資法もバリュー投資の一種と捉えると、
過度な分散はかえってリターンを下げることになるでしょう。

ただし、反対に過度に集中しすぎるのも危険です。

あまりに、短絡的に選んだ10社ですから、
厳選成長株5社とは考え方を変えるべきです。

バフェットの名言
「分散とは無知に対するリスク回避だ」
(バフェットの教訓P117 徳間書店)
を思い出しましょう。

まさに、この投資法では無知に対するリスク回避が必要です。
一方で、バリュー投資の恩恵を受けようとする為に、
銘柄数を絞らなければならない。

この二つの相反する対立条件の折り合いをつける最適点が、
まぁ10銘柄くらいなのかな・・・

と感じるのです。

ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

田舎のkenさん、こんにちは。

貴重な情報ありがとうございます。
今日は出張中でスマホで更新していて、
未だに使いこなせてないため、
皆さんにこの論文を貼り付けることができません。

また、明日にでも追記させていただきます。
【2011/11/18 08:05】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

ぽぽさん,こんにちは。

> 話は脱線しますが、日経平均の究極の負け犬である東電は投資対象としてどうでしょうか?
> ピーター・リンチは「問題を起こした公共株に投資すると簡単に利益を上げることができる」
> と書いていますよね。

東電については正直わかりません。
放射能汚染という問題の範囲が広すぎるからです。

ただし、日経平均の負け犬投資法を今から実践するとすれば、
関西電力が対象になってきます。

こちらは、機械的にポートフォリオに入れて良いと考えます。

国として、
こういう会社を長期的に赤字経営させるわけには
行きませんもんね。
【2011/11/18 07:58】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

こんばんは。ダウの負け犬、単純ですが効果は大きいですよね。あの本はかなり話題になり、奥山さんと同じ研究をした人もいたくらいです。確か以前投資の雑誌でも、ダウを日本でコア30に置き換えて投資するとどうなるか、なんて特集が組まれていた気がします。確かそちらも結果は良好でした。

これを見てみても、日経でこの投資法を採用するのが効果が大きいようですね。余計なお世話かもしれませんが、「株式投資におけるポートフォリオ選定についての一研究」とググって見てください。参考になれば幸いです。(本当はurlをはりたかったのですが、スパムと判定されてしまいました(笑))

【2011/11/17 23:57】 URL | 田舎のKen #-[ 編集]

毎日、ブログを拝見しています。
「日経平均の負け犬」は面白そうな投資法ですね。
大当たり銘柄のスカパーがなくても日経平均を6.2%もアウトパフォームしています。
動かす資金が大きい人には特に有効な投資法ではないでしょうか。

話は脱線しますが、日経平均の究極の負け犬である東電は投資対象としてどうでしょうか?
ピーター・リンチは「問題を起こした公共株に投資すると簡単に利益を上げることができる」
と書いていますよね。
東電をチビリチビリ買っていって、復配するまで保有しようと思っているのですが。
【2011/11/17 19:57】 URL | ぽぽ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/751-91ce6064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。