旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GORO・SHIGENO型定期購入法

みなさんは、ドル・コスト平均購入法というのをご存じでしょうか?

「ど、ドル・コスト~???
 ドラゴン・クエストなら知ってますけど・・・」

みたいな方は、まずこちらでを読んでから、進んでください。

じっくり研究 ドル・コスト平均法って万能?
(All About マネー から、やがみ純子氏の記事)

http://allabout.co.jp/gm/gc/12929/

前回は、既にある程度おカネを貯めている(少なくとも300万円)方向けに
「日経平均の負け犬投資法」を紹介しましたが、

今回は、その300万円がまだ貯まっていない方向けの
投資戦略をご紹介します。

一般的には、あるいは、私の経験上も、
資産形成期(資産を蓄積する期間のこと)においては、
前述のドルコスト平均法は有効です。

例えば、毎月5万円ずつ貯蓄をするのであれば、
半分を貯金にし、
半分をドル・コストで平均購入金額を押さえながら
投資信託を買うというのも、一興でしょう。

例えば、2001年以降
日経平均連動型の投資信託(インデックスファンド)を、
毎月、ドル・コスト平均法で購入するのと、
一定単位ずつ購入した場合とでは、
以下のようになります。
ドルコストと一定購入

確かにドル・コストの方が平均購入単価を安く出来ていますね。

ただ、微妙な差ですよね・・・。
大騒ぎして言うほど安く買えるわけではありません。

そこで、私はこの投資法にバリュー投資の基本的な考え方、
「人々が恐れおののいて市場を離れる時、喜んで買い向かい、
 人々が幸せいっぱいに株を買う時、恐れおののいて市場を離れる」
を加えれば、より平均コストを下げ、
上昇時の利幅を大きくできるのではないかと考えたわけです。

名付けて、

GORO・SHIGENO型定期購入法!!!
(略してゴロシゲ投資法!!)

じゃ~ん!!!


って、GORO・SHIGENO(茂野吾朗)て誰?

そんな方もいらっしゃると思いますので、
少しご紹介しますと
NHKアニメ「メジャー」の主人公で、
この方、剛速球主体のピッチャーなのですが、
ピンチになればなるほど本領を発揮するタイプなのです。

NHKアニメワールド:メジャー6公式サイト参照
http://www9.nhk.or.jp/anime/major/

この方にあやかって、ピンチになればなるほど、

すなわち含み損が増加すればするほど、
定期購入金額を増加させ、


逆に含み益が出始めると、
一気に気を抜いて購入金額を引き下げる
戦略を考えついたわけです。

この方式だと、以下のような結果となります。
茂野吾朗

ねっ、平均購入単価をずいぶん引き下げることに成功したでしょ。

それでは、具体的な方法を次回以降、ご説明いたします。


ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/754-f163816c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。