旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴロシゲ投資法2

やり方は簡単。
今回も投資理論や特別なツールは一切必要ありません。

まず、毎月の積立額を5等分します。
例えば、毎月5万円ずつ積み立てが可能な方なら、
1万円が一つの単位です。

あなたが、生まれて初めて株式投資をするというのであれば、
まずは、レベル1の1万円ずつを、
日経平均もしくはトピックスに連動する投資信託(インデックスファンド)で
毎月積み立て、残りの4万円を貯金すると良いでしょう。

で、1年間積み立ててみて、
1年後もし含み損を抱えているようであれば、
これは、ピンチですから、
茂野吾朗のように気合いが入りだすわけです。

これまでのレベル1からレベル2にクラスチェンジし、
毎月2万円ずつ積み上げるようにするのです。
(3万円は貯金)

さらに、1年後、まだ含み損が残っているようなら、
さらにレベルアップ!!
3万円ずつ積み立てるようにするのです。(貯金は2万円)

ゴロシゲ投資法
(最大レベル5まで積み立て額を増加する。
 5年以上これをやっても含み損があれば、5万円を積み立て続ける。)

このように、1年間ごとに自分の投資が含み損を抱えているか、
抱えていないかを確認し、含み損があれば、
本領を発揮して、積立額を増加させていくのです。

では、1年後に調べてみると
含み損を一掃し、過去の累計で利益が出ていたら、
どうすればよいでしょう?

今度は、一気に気を抜いて、レベル1までランクを落とし、
積立額を1万円まで再び減らすのです。

ゴロシゲ投資法2

で、その後も含み益が出続けていたら、
同様にレベル1のまま続けるのです。

ですから、仮に初年度から、含み益が出続けるようなら、
1万円ずつドル・コストで積み上げるのと同じ効果しかありません。

あくまで、茂野吾朗のように、ピンチにならないと、
この投資法は本領を発揮しないのです。

ただ、この投資法は負けにくいですよ・・・。

下がれば下がったで、重心がどんどん下に下がるし、
上がれば上がったで、過去積み立て分については、
当然利益が出るわけですから。

初めて投資のジャンルに足を踏み入れる人には
お勧めかもしれません。

最初から負けるとやる気がなくなりますからね・・・。

もちろん、最も儲かる方法は他にいくらでもあるでしょう。

しかし、最も負けにくい方法ということになれば、
この投資法はかなり優れていると考えます。

ゴロシゲイラスト

ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/755-ce4f3f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。