旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


景気は良いですよね?

この2~3カ月でしょうか、
株式市場はすっかり欧州金融危機に目を奪われていますが、
足元の日本経済、
特に内需は相当に盛り返しつつあるのが実感できます。

私の本業は、内需部門ですが、
取引先も含めて「好調」の声があちらこちらから聞こえてきますし、
私が投資している内需小型株も業績はすこぶる順調です。

よく飛行機や新幹線に乗って長距離の出張をするのですが、
やたら搭乗率(乗車率)が高く、
先日もJR岡山駅で新幹線の予約席が満席の為、
仕方なく自由席に並ぶ長い列を見て驚いてしまいました。

急な出張では、人気のビジネスホテルも満室で取れない
(もしくは、やたら値段が高い部屋しか残っていない)
ケースが多く、仕方なく以前よく利用していたホテルに泊まっても、
朝の朝食会場は、ごった返しています。
(最近は朝飯がビジネスホテルにとっての重要な集客ポイントになっている)

夜の街も意外と賑やかで、
人気のお店を除くと「あいにく今日は満席です」
等という返事が返ってきます。

いったい、何がおこっているのだろう???

もちろん、内需と言ってもこれまで通り、
負け組店や負け組企業、人気の消えた駅前商店街に
好景気の風が吹いているわけではないのですが、
少なくとも、人気店や実力企業は、相当好調なのではないでしょうか?

この、
一方でとんでもなく悪い話(欧州金融危機)を耳にしながら、
一方で、やたら景気の良い話が出てくるという傾向は、

円高不況 & 日本の資産バブル
アジア金融危機 & ITバブル
ITバブル崩壊および世界同時多発テロ & 新興国バブル

の時もみられた現象です。

最初はみんな「はてなマーク×3(???)」なのですが、
次第に分析が進み、皆が納得した頃には、
大変な大相場に突入しているのです。

まだ、断言はしませんが、
今後、日本の内需が思わぬ強さを発揮して、
そこから意外な大相場が始まる可能性を
指摘しておきます。


日本の内需等と書くと、
「また何を寝ぼけたことを・・・」と思われる方もいるかもしれませんが、
たった1億2千万人の国民で世界第3位の経済大国を侮ってはいけません。

どうも、東日本大震災以来、
家族や仲間、チームといった「絆」の大切さを改めて確認した日本国民に、
まとまり感が出たのが原因かもしれません。
(なんとなく、年寄りが団体で動きまわっているような気がする。)

少なくとも、ギリシャや他の欧州諸国をみて、
「お前ら、一致団結しろよ!!」と思える程度には、
日本国民も大人になってきたといえるでしょう・・・。
(以前は逆だった。)

皆さんは身近な変化に何か気づいていないでしょうか?
(その辺に次の投資ポイントが隠れているかもしれない。
 次回以降、私の気付いた内需テーマを並べて行きたいと思います。)

もし、ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/760-f427cccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。