旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴロシゲ投資法(追加)

せっかく、つづきものとしてまとめましたので、
カテゴリとして分けました。

初心者必見「日経平均の負け犬投資法」はこちら
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-16.html

初心者必見2「ゴロシゲ投資法」はこちら
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-17.html

で、読み返しているうちに、書こうと思って書き忘れたことがあったことに
気づきましたので、追加しておきます。

なぜ、こんなにも単純な戦略で、プロにうち勝つことができるのか?

ゴロシゲ投資法なら、
長期的には確実に大半のプロを打ち負かすことができます。

これを書き忘れていたのです。

よく言われるように、大半の投資信託は、
日経平均やトピックスに連動するインデックスファンドに、
負けているのが現実です。

だから、ドルコストでこつこつとインデックスファンドを買いましょう。

というのは初心者に対して悪いアドバイスではありません。
ところが、ゴロシゲなら、
さらにその下をくぐって平均購入単価を下げられるわけですから、
非常に勝ちやすい(負けにくい)戦法と言えるでしょう。

だったら、なんでプロはそういう戦法を採用しないのか?

そんな疑問が浮かぶでしょう・・・。

実は、プロというのは大変かわいそうな環境で戦っているのです。

上がれば上がるほど、資金が流入し、
下がれば下がるほど、資金が流出する環境で、
投資信託を運用しなければならないのです。

つまり、上がれば上がるほど、株を買わなくてはならないし、
下がれば下がるほど、株を売らなくてはならないのです。

これでは、株式投資の大原則「安く買って高く売る」の真反対
「高く買って、安く売る」しか出来ないのです。

これは、商売としての投資信託販売ビジネスのやりやすさと
投資環境からみた売り買いのポイントが真反対であることから
おこる現象なのです。

投資信託販売窓口

損をしているプロの真似をする必要はありません。

プロも含めて投資家の大半は損をしている。
これはまぎれもない事実です。

だったら、その逆をやればよい。

短期トレーダーの大半が負け組なら、長期投資を検討する。
人気銘柄で大損ぶっこく個人投資家が続出しているなら、
不人気銘柄を対象にする。
マーケットが盛りあがったら、逃げ、
閑散としてきたら、喜び勇んで突っ込んで行く。

そういう話です。このブログの大半は・・・。

人気ブログランキングに参加しています。
もし、ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

なかよしさん、はじめまして。

そのようなルートからここにたどり着く人もいるんですね・・・。
どうも、今回、私もそのバフェットのもっとも奥深い部分に
立ち入ってしまったようです。

ちゃんと答えが出るか?

だんだん不安になってきました。
今後ともよろしくお願いします。

ちなみに、バフェットのどの部分が一番理解に苦しむのでしょうか?
私のブログの読者さんにはバフェットファンも相当いらっしゃいますので、
仮に私が分からなくても、答えが出るかもしれません。
【2011/12/11 07:24】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

はじめまして。なかよしと申します。最近になってブログを拝見するようになりました。というのも先月NHKでオリンパス事件を取り上げていた時、闇株新聞が紹介されていたので、こういうサイトもあるのかと毎日見ているうちにこちらのサイトを発見しました。

ところで私はバフェットのファンでバフェット関連の本を何度も読み返しましたが、ビンタが悪いせいか、なかなか理解出来ません。


しかしながらも、自分は長期投資の方が好きであり、バフェットと同じような考えの人が書いてあるこのサイトは非常に勉強になるし、読むのを楽しみにしています。今度とも楽しく、勉強になるこのコラムを期待し、楽しみにしていきます。
【2011/12/10 20:15】 URL | なかよし #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/775-813031fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。