旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


利益率低下の原因

利益率が低下した原因については、一応決算短信に書いていました。

無題
ただ、これまた往々にして企業は重要なことを隠したり、
多少のウソが含まれたりすることもあるのです。

社員には、「何が何でも前期比10%UP!!」などと言っておきながら、
株主に対しては、「今期は経営環境が厳しく、前期比10%DOWNの予定です。」
程度のウソなら日常茶飯事です。

コメ兵の利益率低下について話を戻すと、
もし、在庫圧縮を目的に販売価格を抑えたのであれば、
前期末と比べて在庫が減っていないといけません。

これは、貸借対照表をみれば確認できます。

コメ兵貸借対照表

前期末と6月末で商品(在庫)の金額はどれほども変わりません。

「在庫圧縮を目的に利益を落として販売したのに肝心の在庫は減っていない!!」

ちょっと黄色信号ですね。

「ひょっとして、他に原因があるかもしれない。」

こんな風に一応は疑ってみるべきです。

では、次にこの原因を確認するために何をすればよいでしょう。
ピーターリンチやフィッシャーは「不明点があれば、企業に直接聞けば良い。」と教えてくれます。

もちろん、私もコメ兵に電話してみました。

経営企画部のIR担当者からは、次のような答えが返ってきました。

「確かに期末商品在庫と6月末商品在庫はどれほども変わりません。
そうではなくて、4-6月中の買取(仕入れ)が急激に伸びたため、
その速度にあわせて、販売も強化いたしました。」

なるほど、売り上げが10%伸びたのに対して、
原価のほうは10%以上伸びていて、
それで、商品在庫は期末と変わらないわけですから、
買取は売り上げ以上に伸びていたことが確認できます。

どうやら、この会社はウソをついているわけではなさそうです。

よろしいでしょうか?

①まずは、損益計算書と貸借対照表をじっくり分析する。
②次に、文章を読んで原因を確認する。
③それでも疑問が残れば、企業に直接聞く。

たった300株の俄かホルダーですが、ちゃんと対応してもらえましたよ。


↓今日もクリックありがとうございます。
banner2.gif
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/78-e661a4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。