旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結局、小型成長株しかない!!

いろいろとB級銘柄攻略を考えてきました。
また、初心者向けの投資法も提案はしました。

しかし、そういう投資法を考えれば考えるほど、
ピーターリンチ型不人気小型成長株投資の凄さ・すばらしさが
改めて感じられるばかりです。

やはり、サラリーマン投資家がひと財産築くなら、
この投資法に賭けるのが一番だと
今さらながら信念を強くしました。

そして、欧州金融危機のドサクサの今、
まさに、再び、
この手の銘柄を購入する大チャンスが来たと
四季報を読みながら結論づけています。

最新の四季報を見てつよく感じますが、
PERやPBRと成長率の観点からなら、
リーマンショック当時とそん色なく激安小型成長株が
ゴロゴロしています。

既に株価も良く騰げましたけど、
それと同じくらい成長している企業や、

新たな出落ちグループの中から、
これまで私が書いたとおりの基準で
銘柄選びをすると良いでしょう。

それでは、私がリーマンショックの真っ最中に、
今こそ、小型成長株を狙え!!と書いた
まさにその直後から上昇を開始し、
実際に10倍高を達成した大化け銘柄を5つほど見てみましょう。

2494:メディカル・ケア
メディカルケア

認知症高齢者向けのグループホーム運営会社ですね。
ほぼ全ての条件をクリアして10倍高です。

2782:セリア
セリア

皆さんも良くご存じじゃないですか?
100均のセリア・・・
あの時買ってたら10倍です。

3046:ジェイアイエヌ
jin

メガネ屋のジンズさん、20倍高。

2157:コシダカHD
コシダカ

カラオケ「まねきねこ」とフィットネスの「カーブス」
最近増えてると思いませんか?
20倍高達成!!

1403:檜屋HD
桧屋

木造の住宅会社だって、20倍高です。

私はとてもうれしい。

何がって?

これらの銘柄の最大の買いポイントは全て、
私がこの投資法をブログ上で公開した直後だからです。
(やっぱり、あの時だったのだ!!!)

ところが、今、まさに、
再度、この手の大化け狙いの大チャンスが来たと感じているのです。

まだまだ、ありますよ。絶対!!!
だって安いんだもん。

私は、個別の銘柄は紹介しません。
皆さんに探し方を身につけてほしいのです。

方法は過去のブログでやってますので、
まだ読んでない方はこちらを参考にしてください。

Jカーブ上昇を狙え
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-4.html

エナフン式長期投資法
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-13.html

えっ?
私も上の5銘柄を持っているのか?
ですって!?

残念・・・。
私は3倍高程度の小物しか釣りあげていませんよ・・・。
(2倍3倍当たり前。10倍高を取りたいな・・・)

人気ブログランキングに参加しています。
もし、ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

な○○しさんへ

いつもコメントありがとうございます。

ご質問の件は、
> 3.それ以外
です。

金利については、私の本のP147からに説明があります。

それでもわからなかったら、
とりあえずは、日本国債の金利だと思い込んでいただいても、
大雑把な理解としては問題ないでしょう・・・。
【2011/12/18 06:45】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

かめきちさん、コメントありがとうございます。

> 付箋が多すぎて、いちいち分析するのがちょっと億劫です。

はい。
まさにその現象こそ、リーマンショック直後と同じ状況です。
今回の記事にさせて頂きます。

>奥山さんは、このような隠れ成長株の掘り起こしについて、どのように考えますか?

そうですね。これもいつか記事にさせてください。

ただ、とり急ぎポイントだけ回答させていただくと、

> 4)新規事業はドル箱事業の応用や、
>  他国への適用なので利益化の見込みは強い・・・かも?

ここが最大のポイントですね。

従来事業の派生的ビジネスや応用的ビジネス、
あるいはエリアの純粋な拡大であれば、
成功の可能性は高いと言えるでしょう。

しかし、一方で、低いと思えるハードルが意外と高く、
そのようなチャレンジに膨大な時間がかかったり、
結局、失敗に終わるケースが非常に多いのも事実です。

つい
>「そんな面倒なもの探さなくても、安くて旨い企業いっぱいあるんじゃね?シンプルにいこうよ!」
と考えてしまいたくなりますね・・・。

ピーターリンチの言葉を借りれば、
「小型企業への投資はその企業が利益を出し始めるまで控えた方が良い」
(株式投資の法則P315)
の応用かも知れません。

ただ、このお話を聞く限りでは、
仮に新規事業が失敗してしまい、
結局、既存事業に経営資源を集中しなおした場合でも、
利益の再成長が見込めそうですから、
株価が割安なら、どっちに転んでも勝ちが見えますね・・・。
(例:野菜事業に失敗した後のユニクロ)

忍耐力との勝負でしょうか?
【2011/12/18 06:35】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

四季報の流し読みがひとまず完了しました。
めぼしい銘柄に付箋を貼っているのですが、たしかに安いですね。
付箋が多すぎて、いちいち分析するのがちょっと億劫です。

企業分析の能力は、陳腐化しない強力なスキルなので、
10年後の自分のためにトレーニングもかねて分析しますが・・・

さて、私が注目している企業に以下のようなものがあります。

1)利益再投資がほぼ不要で、バリバリ成長しているドル箱事業を保有
 (しかも新規参入がしにくい、見当たらない!)
2)ドル箱から上がる収益を新規事業へガンガン回している。
3)1)と2)の結果、直近の利益成長は横ばい(に見える)
4)新規事業はドル箱事業の応用や、
 他国への適用なので利益化の見込みは強い・・・かも?

上記のような隠れ成長企業は、
四季報の通読では取りこぼす可能性が大です。
(だって利益が伸びてないし・・・)

「そんな面倒なもの探さなくても、安くて旨い企業いっぱいあるんじゃね?シンプルにいこうよ!」
とも考えられるのですが、メリットもなかなかに捨てがたいです。

メリットとしては、
①既にある成長ドライバーが伸びているうちに、
新規成長ドライバーを用意しているので、
利益成長が途切れにくい。(ような気がする)

②既存事業が伸びて、新規事業が利益化すれば、
利益自体がJカーブを描いて上昇し、株価は驚異の上昇率!(だといいなぁ・・・)

「夢は広がるどこまでも」って感じでしょうか?

奥山さんは、このような隠れ成長株の掘り起こしについて、どのように考えますか?
【2011/12/17 15:47】 URL | かめきち #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/781-3dae03b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。