旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャッシュリッチか?借金か?

良いご質問がありました。

投資をするにあたって、
有利子負債(利息を払う必要のある借金の事)が大きい企業は、
それが原因で成長が止まる可能性があるため、
有利子負債比率(有利子負債÷自己資本)が低い方が良いと考えるが、
じゃあ、どの程度までは許されるのか?

その基準を教えてほしい。

とのご質問です。

このご質問に回答する前に、
まず、先日ご紹介しました5つの大化け銘柄について、
2008年リーマンショック当時の会社四季報と
2012年新春号とから
自己資本比率と有利子負債を拾い出しましたので
その一覧をご覧ください。

大化け株の財務状況

この一覧の自己資本比率(四季報では株主持分比率、ほぼ同義)や有利子負債比率を見て
皆さんはどのように感じますか?

少なくとも10倍高するような銘柄は、
キャッシュリッチとは言えませんよね・・・

むしろ、キャッシュは不足気味で、借金に依存した状況ともいえます。

ただし、3年間で急激に株主持分を増やしていることも分かりますね。

どれもこれも3倍近く増えています。
一方で、当時のPERが3~5倍。
PBRが0.5倍前後であったため、
成長分+割安さの解消が加わって、
結果的に株価は10倍以上になったと言えます。
(いつも私が言っているあの理屈ですね。)

通常、株主持分比率が高く、
有利子負債が少ないことは良い事とされていますが、
こと成長株に関しては、
少々基準を緩める必要がありそうです。

3年で株価を10倍にもするような超成長企業においては、
非常に高い競争力を持ったビジネスモデルを保有しているため、
いくら店舗を出しても儲かってしょうがない状況になっています。

このような企業は、儲かる事がわかっているわけですから
店舗を増やしたくて仕方がありません。
そこで、少々、借金してでも店を増やした方が有利であり、
結果的に株主に驚きのリターンを提供することになるのです。

成長に必要な借金と
資金繰りが苦しいのでする借金とでは、
全く意味が違うのです。


これを混同して、
有利子負債=悪、
無借金=善
みたいな発想では、
超成長企業を取り逃がす原因となるでしょう。

ただし、やはり、借金は読みが外れれば、
あっというまにその企業を破滅へと追いやります。

そういう意味では、無借金や実質無借金の企業と比べて
リスクは高いと言えるでしょう。

既存店の利益が悪化し始めると、
一気にカネ詰まりになる可能性があります。

ただ、この沈滞ムード漂う日本国内で、
少々借金してでも成長できる企業というのは、
大変なレアものですから、
充分にビジネスモデルを吟味して、
特に仕組提供型企業の長期にわたる高収益や
ビジネスモデルの強さを優先して銘柄選びをし、
しかる後に有利子負債について吟味するくらいで良いのではないでしょうか?

有利子負債の多い少ないではなく、
その企業のビジネスモデルに意識を集中させるのです。
(結果的にその企業が無借金なら、それはそれで大変結構なことです。)

少なくともスクリーニングで、
自己資本比率50%以上みたいな機械的な基準を設定している限り、
大化け銘柄を取り逃がす危険性が高いでしょう。

人気ブログランキングに参加しています。
もし、ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

パッキャオさん、こんにちは。

> エナフンさんはどうお考えですか?
私の場合は、1に成長。2に割安です。

たとえ、資産の効率が他社と比べて少々悪くても、
成長スピードを重視します。

ただ、当時も購入数は少な目でした。
そこまでの自信銘柄ではなかったんですね・・・

社名がとぼけた感じだったので
私の評価は上がりましたが、
今思うと、
ブログでのウケも意識していました。

尚、保有不動産が多いのは
リーマンショック前に仕込んだものが
市場の急変で売り抜けられなかったのも一因でしょう。
その分は割り引く必要があります。

もっとも、今でも割安成長株とはおもいますが・・・。
【2011/12/22 17:26】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

なかよしさん、こんにちは。
> その時どういう基準でまたは心理状況で結果としてそちらの方を選んだのですか?

そうですね。
やはり、当時はリーマンショック前後で
深刻な長期不況を覚悟していました。
そのため、より、必要不可欠な商品を提供している企業に
ターゲットを絞りました。

カラオケ屋もメガネ屋も目には止まりましたが、
そういう理由から、葬儀屋やトンカツ屋、
ペースメーカー販売会社の方を選択したのです。


【2011/12/22 17:11】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いています。

エナフンさんが昔ブログで推奨されていた、コインパーキングの会社が、震災前の株価に戻りつつありますよね?

そこで質問なのですが、あの会社、有形固定資産が同業他社と比べて、かなり多くないですか?

固定資産が多い割に、それに見合うほど利益があるようには思えないのですが。

エナフンさんはどうお考えですか?
【2011/12/22 12:02】 URL | パッキャオ #-[ 編集]

有利子負債比率の件ありがとうございます。自分に何が欠けているのか?と思い、特にビジネスモデルについての理解度であり、仕組提供型企業については奥山さんがブログに記載した企業以外は、思い浮かびません。という事で、早速アマゾンでピーターリンの本を購入し、読んだりしています。


ところでお聞きしたいのですが、リーマンショック後に10倍株20倍株を購入しなくて、3倍株を購入したのは何故ですか?(3倍株でも凄いですが)。結果として3倍株を購入したのかもしれませんが、その時どういう基準でまたは心理状況で結果としてそちらの方を選んだのですか?教えていただければ、有難いです。いつもしつこくてすみません。
【2011/12/22 11:54】 URL | なかよし #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/785-8043279b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。