旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


既存店売上高のチェックをしよう

一見割安で財務も良好な企業の株価が低迷している。
いろいろデータを調べて「今こそ、買い時だ」と飛び込んでみると、
しばらくして、目を覆いたくなるような悲しいIRが待っている。

≪通期業績修正のお知らせ≫
期初予想  :+30億円
今回修正予想:+3億円(△90%)

ファンダメンタルズを基本とした投資法を実践している人にとって、
こういう失敗を1度もしたことのない人はほとんどいないでしょう。

もちろん、私も・・・

このような失敗を
「バリュー投資の罠」と言います。

一見、割安優良企業に見えるのに、実は株価は妥当以下だった・・・

もし、あなたが、店舗の拡大を基盤に成長を続けている
小売・外食・サービス企業に投資しているのであれば、
このような失敗を事前に避ける方法があります。

それは、これらの企業が毎月発表する既存店売上高をチェックすることです。

もし、既存店の売上高が長期にわたって低迷しておれば、
その企業は何らかの問題をはらんでいることを意味し、

既存店売上が、100%前後で安定している。
もしくは、このところ、既存店売上が拡大傾向にある。

という場合は、その企業が順調であることを意味します。

それでは、最近苦戦が続いている西松屋チェーンと
長期にわたって安定している日本マクドナルドHD、
そして、このところ業績が順調で株価も10倍高を達成した
100円ショップのセリアのチャートと既存店売上高を
見てみましょう。

≪西松屋チェーン≫
西松屋チェーン
(3社ともチャートはmsnマネーから、既存店データは各公式サイトから)

この会社、以前は順調に売上を伸ばし、株価も10倍高を達成しましたが、
その後は、一貫して低迷しています。

その最大の原因は、既存店売上高の低迷にあります。
(下段、緑のラインがほとんどピンクの100%ラインを下回っている)

既存店売上高が90%台で低迷し、
しかも、それが2年も続けば、
90%×90%=81%と坂道を転げ落ちるように売上は低迷していきます。
(下段、赤のラインが対2009年3月期比の既存店売上高ライン。)

大変残念なことに、
売上の10%ダウンは、利益を10%以上ダウンさせることになります。
(単純な理屈ですので、初心者のために、またいつか説明しましょう。)

既存店がうまくいっていない場合でも、
新規出店で目先の利益をカバーする事はできますが、
そんなのが長続きするはずもありません。

そのうち、冒頭のような悲しいIRを目の当たりにする事になるでしょう。


では、安定して、既存店売上が100%前後をキープしている
日本マクドナルドのケースを見てみましょう。

≪日本マクドナルドHD≫
マクドナルド

もちろん、マクドナルドといえど、
既存店売上が100%を一度も下回らない等ということはあり得ません。

しかし、2~3カ月マイナスが出れば、
すぐ、対前年比100%以上に回復しています。

このような状況で、店舗が拡大しておれば、株価も上昇していくのです。


最後に100円ショップの勝ち組、セリアも見てみましょう。

≪セリア≫
セリア

このような成長企業も、既存店売上が低迷しているように見える時があります。
順調すぎた前年の反動で、2011年3月期の前半は株価も横ばいですね・・・。
しかし、対2009年3月期比で見ると、
低迷しているように見えた2011年3月期前半(赤丸の部分)も
それほど悪い状況ではないことが理解できます。

もちろん、この期間中も店舗数が増加して、
全体の売上利益は順調に伸びていましたから、
その分、株価はファンダメンタルズに対して、
大きな歪みが溜まっていました。

結果、2011年からの既存店回復と歩調を合わせて、
株価は歪みの解消プラス成長分をいっぺんに織り込もうとして、
大上昇を遂げているのです。


以前、このブログにも書きましたが、
どんな初心者でもこのくらいのことは
常にチェックするようにしましょう。

スマホやパソコンのお気に入りに
保有銘柄の公式サイトを登録し、
1日1回見れば済むことです。

もっとも、既存店売上高のみに過剰に反応し過ぎるのも、
大化け株を一番安い時に売ってしまう危険性につながります。

セリアのように半年程度で、
しかも、100%を若干下回る程度の停滞であれば、
少々我慢しても大きな損失にはつながらないでしょう・・・

人気ブログランキングに参加しています。
もし、ご参考になった方はクリックもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

カインさん、コメントありがとうございます。
ご質問に関しましては本文で対応させていただきます。
【2012/01/01 16:13】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

わかりやすく投資の本質解説したブログで更新を楽しみにしています。今回も一つの指標として参考になりました。数字には現れない会社の内部問題が起きた時どう回避すればいよいのでしょうか?
例えばローソンエンターメディアのような取締役が不正流用した場合など滅多にない現象に当たった場合どうなのか?
厳選して分散しすぎない場合運悪く当たれば指数に負けてしまいます。不確実性について考えをお聞かせください。
【2011/12/30 13:28】 URL | カイン #-[ 編集]

本を読むだけでは解らない部分を1つ1つわかりやすく教えて下さり、ありがとうございます。


これからも解らないことや漠然としていまいち理解できないことなどお聞きする事があると思いますが、宜しくお願いします。
【2011/12/30 11:07】 URL | なかよし #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/790-e01181b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。