旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会社の言葉のウソ・ホント

売上-コスト=利益

ということは、売上が増えて、コストが下がれば、
自ずと利益は増えてくる・・・

では、平安レイサービスの場合、
本当に会社が説明している通り、
売上が増えて、コストが下がっているのでしょうか?

売上については簡単に調べられますね・・・。

決算短信を見て、絶対額が増えていればOKです。
平安レイ売上

では、コストの方はどうでしょう・・・。

通常、コストを分析する場合は、
売上高に対する各コスト項目の比率を調べることになります。
前回の原価率とか販管費率ですね。

(売上は絶対額で確認できるが、コストは絶対額ではなく、売上高に対する比率で考えよう。)

これを時系列で並べてみると、
平安レイコスト低減

原価も販売管理費も、08年当時と比べて、減少傾向にありますね。
(夏場の6-9月期は、葬儀件数や婚礼数が少ないため、原価率が跳ね上がっている。)

どうやら、売上拡大策とコスト削減策は、
これまでのところ成功していると言えるでしょう。
この会社ウソはついていないようです。

では、売上が拡大し、コストの削減が成功しているのなら、
通期予想もさぞかし順調だろう。

などと思ってみてみると、

平安レイ通期予想

全然、ダメダメな予想となっています。(2011年12月時点)

これも、以前書きましたね・・・。

決算短信にしても、会社説明会にしても、
過去の事や今の事については、
通常、企業は極めて論理的な説明をしてくれます。

もし、そこでロジックがおかしいようだと、
その企業のレベルが低いように思われますから、
そこではウソは付きません。

ところが、通期予想となった途端に、
ロジカルな世界から、突如、アートの世界に突入します。

他は全て順調なのに、通期予想はダメダメな弱気企業もあれば
全然ダメダメなのに、今期から突如超V字回復を宣言している強気企業もあります。

ここだけは、大ウソがまかり通ってるんですね・・・

なぜなら「未来の事は誰も分からないから」です。

実際、期初に立てた通期予想はまず当たりません・・・。

しかし、中間発表を終え、第3四半期も過ぎて、1月ともなると
さすがに「これはおかしいぞ・・・」という事が誰の目にもハッキリしてきます。

こうして、マーケットは上方修正や下方修正を織り込もうと
この時期に株価を変動させる傾向があるのです。
(私は、1月効果と呼ばれる小型株が1月に特に上昇する理由の一つと考えている。)

例えば、平安レイサービスの営業利益の実績推移に通期予想を書き入れるとこうなります。
平安レイ通期予想グラフ

この会社の説明によれば、
婚礼事業の営業利益は55%が下半期に偏りますし、
葬祭事業の営業利益は40%が12月~3月に集中するそうですからね。

平安レイサービス公式サイト≪会社株式に関するご質問(Q&A15参照)≫
http://www.heian-group.co.jp/ir/index7.html

さすがに上方修正の可能性は極めて高いと言えるでしょう。

ご参考になりましたら、
人気ブログランキングへの投票もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ミキオサン、はじめまして。

> ぜひMSNサイトの具体的な読み方(会計基準も含めて)を説明していただければ

そうですね。
msnマネーってちょっと違和感ありますよね。
いつの間にか慣れましたが・・・。

一応、了解いたしました。
が、正直に申しますと、私はあまり気にせず、
必要な項目だけ見ている感じです。

減価償却については、
どこかの企業を取り上げた時に扱ってみたいと思います。

ちなみに、ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットは仲が良いので、
msnマネーの作りには、バフェットから入れ知恵があったのかもしれません。

長期投資家は長期スパンで物事を考えるので、
10年単位の一覧はとても有り難いんですね・・・。

どういう訳か、
日本の証券業界では3年単位で物事を見ようとする傾向が強いので、
企業の本当の実力をつかみきれていないように思います。
【2012/01/20 07:03】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

奥山様 いつも大変勉強になっております。多少は本等も読んで勉強しているつもりなのですが、拝見する度にまだまだだなあと思う次第です。ぜひ採り上げていただきたいことがありましてご連絡致しました。最近MSNのサイトでの説明が良くありますが、時系列でよくわかり目からウロコでした。ただ、外資系のせいか、日本の会計基準と違う(特に損益計算書)ようですし、また10年間の概括のところでも、利益の横に減価償却費が出ていたりして、見方がわかっている人はわかるのでしょうが、私には十分わかりません。ぜひMSNサイトの具体的な読み方(会計基準も含めて)を説明していただければありがたいと思います。
【2012/01/19 08:46】 URL | ミキオさん #4jymUUls[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/804-0db0719c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。