旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンチ指数

さて、概ね、平安レイサービスのビジネスモデルや
財務の健全性などがつかめてきました。

では、この会社いったいどのくらいの成長性が見込め、
投資対象としてどの程度有望なのかを調べて行きたいと思います。

まず、ご質問もありましたので、少しフォローをしておきますと、
長期スパンでの業績推移を調べるには
msnマネーが便利であることを書きました。

けど、このサイト、ちょっとアバウトなんですね。
妙に見にくい画面があったり、
数字も少々いい加減であったり・・・。

ですから、あくまでパッと見の長期業績の概略を知るには良いのですが、
より詳しく調べるには、やはり有価証券報告書を見るのが一番です。

有価証券報告書の最初の方に、
「主な経営指標の推移」について一覧があります。
ここに過去5年分の主な指標がありますので、
さらに5年前の有価証券報告書から同じ一覧を見て、
数字を繋げてやればよいのです。

平安レイサービスの場合、こんな感じです。
平安レイ推移表

平成15年3月期に株式分割がありましたので、
(読者さんの混乱を防ぐため)
平成16年3月期以降でつなぎ合わせてみました。

まぁ、実際は、こんな面倒なことをしなくても、
エクセルか何かで必要な数字だけ
拾っていけば良いと思います。

そうすると、1株利益や1株純資産、PER(株価収益率)や従業員数まで
長期スパンの推移が確認できますね・・・。
(従業員数を増やすことなく、業績アップに成功していますね。ブルーのライン)

で、今回は成長性と割安さを確認する必要がありますので、
1株利益と1株純資産の数字をチャートにしてみました。
平安レイ利益伸び率

計算すると、過去8年の利益および純資産の成長は、年平均4~5%です。

会社のプレゼンやここ数年の業績を見て行くと、
うまくニーズを捉えて、業績を高めていますので、
今後はもう少し高い成長率が見込めるかも知れませんが、
とりあえず、ここでは計算上、成長率5%という数字を拾いましょう。

5%では高成長株とは言えませんね・・・。低成長株です。
けど、衰退株や停滞株ではありません。
低ではありますが、成長株といえるでしょう。

私の投資基準は、1に成長、2に割安でしたね。

では、次に株価の割安さを確認します。

このくらい低成長だと、PEGレシオはちょっと使えません。

そこで、リンチ指数なるピーターリンチの計算方法を使いましょう。
(詳しくは、「ピーターリンチの株で勝つ」ダイヤモンド社P228参照)

リンチ指数=(成長率+配当利回)÷PERです。

この会社のPERは、予想ベースで6倍前後。
配当利回りは、4.2%です。

これらの数字を上のリンチ指数に当てはめると、

(成長率5+配当利回4.2)÷6=1.53

という数字が出てきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この答えが1以下なら、見込み薄だし、
1.5ならまずまずだろう。
しかし、あなたが本当に探しているのは、2以上である。

「ピーターリンチの株で勝つ」P229 ダイヤモンド社
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はい。
リンチ指数によれば、
この会社への投資判断は「まずまず」となりました。


ただし、これは過去8年間の傾向から手に入れた数字で、
かなり保守的な予想数字を根拠としています。

直近3~5年を見ると、
うまく市場の変化に対応して、成長スピードは上がっており、
7~8%くらいの成長率です。

この傾向が当分続くするようなら、
(個人的には行けそうな気もしていますが)

(成長率8+配当利回4.2)÷6=2.1

となり「あなたが本当に探している銘柄」と言えます。

ええ。悪くないですよ。この株・・・。

3年間程度の長期保有に耐えられる方なら、
2~3倍高を目標にしても良いのではないでしょうか?

ご参考になりましたら、
人気ブログランキングへの投票もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ミキオさん、こんにちは。

いつもありがとうございます。

> ランキング40位台とは信じられません。及ばすならが応援しております
さすがに、神奈川の地味な葬儀屋を分析して、
「うーん。こいつは、なかなか良いぞ・・・」
みたいなことやってる限り、ランキングは上がりそうにありませんね・・・。

今後ともよろしくお願いします。
【2012/01/22 04:25】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

ポポポ呪師さん、はじめまして。

2点、了解しました。
ちょっとそこには私の強い想いもありますので、
長文になるかも知れませんが、本文で・・・。
【2012/01/22 04:20】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

奥山様 MSNの件ご回答いただき、ありがとうございました。なるほど、利益等の大まかな推移を把握するのに用いるのですね、MSNで全て済まそうというのも虫の良い話でした。本日はまた「リンチ指数」を教えていただいて、ありがとうございます!自分も「株で勝つ」は1回読んだのですが、見落としていました・・・。再度精読します。本当にこんなに面白くて為になるブログがランキング40位台とは信じられません。及ばすならが応援しておりますので、今後も末永く続けていただくことを願っております。
【2012/01/21 18:40】 URL | ミキオさん #4jymUUls[ 編集]

いつも勉強させてもらっています。

早速ですが、質問させて頂きます。

平安レイサービスの例では、純資産と純利益の成長率がほぼ同じですが、
「一株純資産の成長率8%、一株利益の成長率20%」
のように純資産と純利益の成長率が大きく異なる場合は
成長率をどの程度に考えれば良いのでしょうか?

また、ずっと横這いの業績が続いてきたが
ここ2-3年で成長に転じたような企業の成長率は
どのように考えれば良いのでしょうか。

宜しかったら、ご教示ください。
【2012/01/21 09:27】 URL | ポポポ呪師 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/806-097f58a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。