旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンチ指数も成長株のみ対象となる

さて、リンチ指数についてもう一つご質問がありました。

要約すると、

(平安レイサービスのような)
長期の安定成長は確認できないものの、
この3年間に限って言えば、
順調に成長しているような企業について、
どう成長率を評価するべきか?

というものです。

まず、確認ですが、
リンチ指数もPEGレシオも、
あくまで成長企業の株価を評価するための指標です。

景気が良ければ、メチャメチャ儲かり、
景気が悪化すると、目も当てられないタイプの
いわゆる景気敏感株とか循環株と云われる銘柄は対象外です。

ご質問にある過去3年間の成長根拠が
明らかに景気要因や市況要因にあるようなら、
この指標は使えません。

では、過去3年間の成長が、構造的な要因、
つまり、社会の構造変化に企業がうまく対応しているケースや、
社会の構造自体は変わらないものの、
対象企業が従来の収益構造を変化させて
再成長に成功している場合は、
一応、評価対象となってきます。

ただし、単純に過去3年間の成長率を
そのまま指数に当てはめる訳にはいきません。

重要なのは過去の実績ではなく、
これからの未来だからです。

平安レイサービスの場合は、
堅実経営企業という印象を受けましたので、
過去の実績から今後も同程度の長期成長性が見込めると考え、
過去の実績を根拠に将来成長率を算出しても
違和感はないだろうと考えます。

同様にご質問の企業についても、
この3年間の成長率が今後も当面続くであろうと
多くの人が納得できるような構造的な変化によるものであれば、
その数字を根拠としてリンチ指数やPEGレシオを使っても
問題ないでしょう。

逆に、
さすがに今後は成長が落ちそうだ・・・

とか、
むしろ、成長は加速化しそうだ・・・

ということであれば、その分のサジ加減が必要になります。

少なくとも
単純に過去3年間の成長率を
そのまま将来成長に当てはめるような機械的なものではないと
考えてください。

また、将来成長率が読みやすい企業群として
店舗の拡大を再現可能な勝ちパターンとしている
小売り、外食、サービス業が挙げられます。

このような企業は、全国制覇が完了するまで
長期に渡ってしつこく業績を上げ続けますので、
成長株投資の入り口として、
このブログではこういう企業群を中心に取り扱っています。

この場合、今後どのくらい成長できる余地が残っているのか?
という部分が重要になってきます。

そのような観点からは、
大型株よりも中小型株がより有利といえるでしょう。

ご参考になりましたら、
人気ブログランキングへの投票もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/808-1e4554d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。