旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アイデアを寝かせる

前々からこのブログを読まれている方の中には、

おっさん、アレやると言っておきながら、
結論も出さぬまま、
次の話に進んで、
風呂敷ばかり広げて、

かと思ったら何ヵ月も経って
また、その話題に戻ったりで

読んでる方は疲れるわ・・・

等と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回も、
「なぜ、日本人は株式投資をしたがらないのか?」
というテーマで話を進めてきましたが、
一旦、この話題は休憩します。

私は本業でも非常に大きなテーマに取り組むことがありますが、
そういう場合も、往々にして、こういう手法をとります。

今わかる範囲の結論を出しておいて
より、大きな結論、
より、本質的な結論については、
頭の中でアイデアを寝かせておくのです。

で、関連のある本を読んだり、
あるいは別の仕事をしながらも、
頭のすみにおいておくと、

思いもよらぬところから
答えに近い情報を見つけることが出来るケースがあるのです。

何年も寝かせるつもりはないのですが、
数週間とか数ヵ月、アイデアを寝かせておいて
何かのきっかけで、またそれに取り組む・・・

そういうスタンスなんです。

で、そういう思考を進めるのにブログというのは
なかなか良い仕組みだと思っています。

たくさんの方が読んでくださるので
こちらも、それなりに思考は深くなりますし、
何気ないコメントから思わぬアイデアをいただくこともあります。
文章にすることで頭は整理され、
その時点での結論を記録することができます。

ですから、B級投資法にしても、
個別銘柄研究にしても
あるいは、メインテーマである成長株投資法にしても
忘れているわけではありません。

同時進行させながら、
このブログを通じてより良い結論を求めているわけです。

皆様、クリック有り難うございます。
本日の記事もご参考になりましたら、
人気ブログランキングへの投票もよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

投資男さん、いつも有り難うございます。

> 素晴らしいですね!!

いえいえ、こちらこそいつも素晴らしいコメント有り難うございます。
とは言え、テーマを若干変えて似たような話を進めるつもりなんですが・・・
【2012/02/25 04:06】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

かめきちさん、こんにちは。

> 私の本業は研究開発職のエンジニアなのですが、
> この仕事ではアイデアを寝かせる人が非常に多いですね。

そうでしたか?
ちょうど来週そういう方と飲む機械がありますので
一度、アイデアを寝かせることについて
話を聞いてみます。

> その原体験があるからでしょうか?
> マーケット全体がスルスル上がるとどうにも尻の座りが悪く感じてしまいます。

そうですね。
低迷安定期の方が厳選個別投資家にとっては
環境が良いように感じるかもしれませんね。

けど、今回は割安成長株も全体相場にあわせて上昇する珍しいパターンですから
いつもよりマシかもしれません。

毎回毎回、思うことですが、
相場というのは、常に前回とは違うんですね・・・。
それが、予想を難しくさせます。

結局、何らかの規律に従って、
淡々とやっていくしかないと考えています。
【2012/02/25 04:03】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

なかよしさん、こんにちは。

> こういう私みたいな自分さえよければいいという輩がいるから、偏見が無くならない

多様な考えを持つ多様な投資家がいるから、
マーケットはミスジャッジを繰り返しながらも
なんだかんだ言って、それなりのところに収まる。

問題は多様性が失われたときなのですが、
日本人には右へ倣えなところがあって、
この10年ほどで
短期トレードとインデックス投資ばかりが流行ってしまった。

そこについては問題だろうと考えています。

心が広いわけではありません。

本を書いた頃から私の興味は
どうすればもうかるのか?
ではなく、
マーケットの正体はいったいどういうものなのか?
の方に軸足が移っているのです。
【2012/02/25 03:35】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

素晴らしいですね!!
投資ってけっこう面白いんだよーって,伝えることができれば最高ですね.
とても有用なブログありがとうございます.今後も楽しみにしています!!
【2012/02/24 19:06】 URL | 投資男 #-[ 編集]

私の本業は研究開発職のエンジニアなのですが、
この仕事ではアイデアを寝かせる人が非常に多いですね。

私の大学時代の恩師は
「10年20年のスパンでアイデアを寝かせもいいと思うよ。」
ぐらいのことを言っていました。

恩師の影響かは知りませんが、
私もアイデアを寝かせるのが好きな人間です。

今日も今日とて投資アイデアを熟成させる毎日です。


それにしても最近はマーケットが好調ですね。

私が投資を始めたのは2006年の後半でした。
循環株に騙され、バリュートラップにはまりこみ、リーマンショックに蹴飛ばされ、
とにかく株価が下げ続けるのが私の投資の原体験でした。

その原体験があるからでしょうか?
マーケット全体がスルスル上がるとどうにも尻の座りが悪く感じてしまいます。

マーケットは低調、持株は好調が理想なのですが、いささか意地汚い考えですね。
【2012/02/24 19:04】 URL | かめきち #-[ 編集]

でも奥山さんは心が広いですねぇ。私は心が狭いので投機的な動きは歓迎です。それだけミスジャッジが起き、いい企業の株式を割安な価格で購入できるからです。


こういう私みたいな自分さえよければいいという輩がいるから、株式投資に対する偏見が無くならないの
かもなあと思いかたです。
【2012/02/24 13:11】 URL | なかよし #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/830-a7bdf7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。