旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ、長期投資は流行らなかったのか?

なぜ、日本人は株式投資をしたがらないのか?
という話を進めているうちに、

なぜ、これまで長期投資は流行らなかったのか?
ということに関するコメントを頂戴致しました。

人気ブログランキング長期投資部門で
僭越ながら今のところ1位となっていますので、
少し論点をずらして
このテーマを扱ってみたいと思います。

ランキングを確認されたい方はこちら
念のため・・・

人気ブログランキングへ


あっ、後、このブログはファンダメンタルズを投資根拠とする
個別銘柄に対する長期投資を扱っています。
インデックス投資や国際分散投資の話ではありません。
念のため・・・


さて、このテーマは少々痛し痒しなところがあります。

長期投資に人々の関心がないからこそ
長期投資のパフォーマンスが上がるという
「裏の道に花の山的」側面があるからです。

けど、まぁ、このタイミングで
このテーマは悪くなさそうです。

あえて、

長期投資が流行らないのか?

ではなく、

長期投資が流行らなかったのか?

と過去形にすることには意味があります。


さて、私は世の中に数ある投資法のなかで、
個別株に対するファンダメンタル投資こそ、
王道だと思っています。

それは、その投資根拠が、
「市場原理」という普遍的原理に基づいているからです。


低いものは上に上がり、
高いものは下に下がる。

伸びるものは繁栄し、
老いたるものはいずれ世を去る。

このシンプルな二つの原則を基本におき、

では、
低いものの特徴は?
伸びるものの特徴は?
という切り口から攻めていく投資法だからです。

ウォーレン・バフェット、ジョン・テンプルトン、ピーター・リンチ・・・

こんな投資界のビッグネームが提唱する投資法です。

残念ながら、日本にはこのジャンルで尊敬を集めるビッグネームはいません。
(澤上さん?少なくともそのパフォーマンスはこの方々の足元にも及ばないと思いますが。)

そういう意味では、今、このブログを読んでいるあなたこそが
いつか、日本を代表するファンダメンタリストの
ビッグネームになっているかもしれません。

いやいや、私は本気で言っています。

今回の相場は、従来の相場と比べて明らかに異変があります。

まさにファンダメンタルズを根拠とした
ファンダメンタルズ相場的色彩が強いのです。

過去、ネット証券の登場と共に
カリスマ短期トレーダーが次々と生まれてきました。

FXが浸透するのにあわせて、
カリスマFXトレーダーも生まれました。

次は、ファンダメンタルズ相場にあわせて
日本においてもカリスマファンダメンタリストが登場する番なのです。
(既にアメリカでは、若きカリスマファンダメンタリストが次々と登場している・・・。)

このブログは、まとめ読みされている読者さんも多いので、
1000人以上の方が定期的に読まれていますが、
それだけいたら、その中には、
短期トレーダーの度胆を抜くようなパフォーマンスの人もきっといるはずです。

(実際、相互リンクさせていただいている「新興市場の株式投資」さんは
全く退屈な地味銘柄ばかりを投資対象にして
年率100%近いパフォーマンスをコンスタントにあげられています。)

私はそういう方々が驚きと共に注目される日が来ることを
ワクワクしながら待っているのです。

あのう、そこのあなた!!!
もし有名になったら、私の本も宣伝して頂けませんか?


じゃあ、なんでそんなすごい投資法が、
これまで日本で流行らなかったのか?

前置きが長くなりすぎました。

次回以降につづく

皆様、クリック有り難うございます。
本日の記事もご参考になりましたら、
人気ブログランキングへの投票もよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

大暴落さん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

> 世界で一番日本市場は間違っているような気さえします
今日(3月1日)はその点を記事にします。
【2012/03/01 06:53】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

アメリカには投資家が多く良い物は素直に評価すると言う分かりやすさシンプルさがあるように思います。だから業績の良い見通しの明るい企業はほとんど割高。日本市場はファンダを無視したトレーダーがほとんどを占めるため割安優良株がゴロゴロ。世界で一番日本市場は間違っているような気さえします。日経平均は既に死にそれに連動するインデックスの間違いに気付いてきたのかもしれません。本来の投資の王道個別株の選別の流れに回帰しつつあるのでしょうね。
【2012/02/25 08:51】 URL | 大暴落 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/831-6bb03a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。