旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビジネスとして旨みがないから

もう一つ、考えられる理由として、
証券業界にとっては
長期投資は嬉しくないというポイントが挙げられます。

大変、残念なことですが、
証券業界は顧客第一主義とは言えません。

顧客も儲かって、自らも儲かるWIN-WINの発想や、
「売り手よし、買い手よし、世間よし」の
三方よし的な考えに基づくビジネスモデルを
未だに構築できずにいるのです。

で、証券業界と一部の敏腕トレーダーだけ儲かる仕組みとして、
短期投資が推奨されてきたわけです。

証券業界は、手数料ビジネスですから、
手数料を何度も払ってくれて、
ついでに利子も払ってくれる
レバレッジ短期トレーダーは最高のお客さんなのです。

一方で、
信用取引をせず、一度買ったら3年は持ち続ける。
みたいな長期投資家は、
例え取扱金額がデカくても、
証券会社にはほとんどカネは落ちません。

短期トレーダーなら、かなり弱小の部類でも
年間の取引総額は1億を軽く超えて行きますが、

長期投資家は、例え1億円運用していても、
年間の取引総額は1億円を大きく下回るわけです。
(回転率が低い)

金持ち長期投資家より、貧乏短期トレーダーの方が
証券会社にとっては良いお客さんなのです。

しかし、レバレッジ短期トレーダーが増えすぎてしまったマーケットは
「三方よし」とは程遠い「三方悪し」となってしまいました。

過大なリスクに嫌気がさした多くの顧客は、
株式投資を含むリスク資産全体を敬遠し始め、

証券会社は過当競争から赤字続出、

マーケットは、企業に対する評価機能を失い、
力があっても地味な業種や地味な企業は
驚くほど安値で放置されてきたのです。

結果的に、長期投資家にとっては、
成長企業や優良企業を安値で買える
最高のマーケットになってしまったわけですから、
長期投資家的にはこんなところで吠える必要は何もありません。

けど、一日本国民として、
日本国全体の未来に憂慮せずにはいられないのです。


こんなことでは、証券業界に持続性はありません。

その内、先日のエルピーダーメモリや
前回の暴落相場の主役であるリーマンブラザーズみたいな悲劇が、
日本の大手証券会社でも起こってしまうでしょう。

常々、申し上げておりますが、
資本主義社会においては、

証券市場は経済の心臓部分です。

経済の血液に例えられるマネーを
「神の見えざる手」を使って
効率良く最適に分配する場として存在するべきものです。

それを、証券業界(金融界)が
自己都合で歪めてしまっている為に
神さまも手を突っこもうにも、
突っこめない状況になっているのです。

証券市場に神さまが手をいれられなくなると、
日本経済の生命活動そのものがおかしくなるでしょう。

心臓が悪いのに、神もどうすることも出来ず、
のた打ち回っている巨大なイキモノ、

それが今の日本経済と言えるのです。

いえ。
正気ですよ。

私は常々、証券市場がおかしいから日本経済はおかしいと考えているのです。

行くべきところにカネが回ってないんですよ。

成長しているところにカネが流れず、
不効率なところにばかり、カネが流れているんです。

先の見えない大企業の大型増資や、
論外に不効率な日本政府(国債)、
いつ、ブームが過ぎるか分からない
「パッと出」のネット企業みたいなところにばかりにカネが流れ、
実力ある成長企業には低評価しか下せない。

これでは、日本経済が沈滞するのは当たり前の事なのです。

本日も参考になりましたら、クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

佐藤エイチさん、はじめまして。

そうですよね。

今後ともよろしくお願い致します。
【2012/03/03 07:21】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

大暴落さん、こんにちは。

> 会社を選別して資金投入すれば下らない企業を淘汰し
> 強い日本になるのかなって思います。

そうなんですよね。
バフェットの言葉を借りれば、近視眼的な投資家が近視眼的な企業、
ひいては近視眼的な国にしてしまっているように思います。
【2012/03/03 07:20】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

ノゾムさん、はじめまして。

全くおっしゃる通りですね。
金融教育は真剣に必要だと思います。

ちょっと、その辺も含めて本日の記事にしたいと思います。

今後ともコメントよろしくお願いします。

【2012/03/03 07:15】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

投資家も深く考えて投資しなければなりませんね。
【2012/03/02 20:05】 URL | ハーバードナンパスクール佐藤エイチ #-[ 編集]

東証の株主がハイエナモルガン&ハゲタカゴールドマンて所ですでに…。同意です!皆が成長力のある誠実な会社を選別して資金投入すればある意味下らない企業(インサイダーや粉飾など)を淘汰し強い日本になるのかなって思います。
【2012/03/02 09:38】 URL | 大暴落 #-[ 編集]

個人投資家にも問題があると思いますけどね。

昨年のような一方的な下落局面の、
いい会社まで連れ安しているような相場には
目もくれず、ダウ1万円間近になった頃に
騒ぎ出して、何がいいかわからない有名大型株を
買って、海外勢の利確の手伝いをする。

日本も義務教育期間に数学と合わせて
ローンや利回りなど初歩的な金融を学ぶべきです。
【2012/03/01 19:50】 URL | ノゾム #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/836-4497e8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。