旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失敗談

ある方からコメントをいただきました。

要約すると、

投資における失敗談を聞かせてほしい。

というものです。

もちろん、いくらでも失敗はありますが、
やはり、大ピンチになって、
夜も眠れなくなったときのことは
今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

まだ、300万円ほどしか運用していなかった頃のことです。

やはり、多くの初心者同様、
1日も早くお金持ちになりたかった私は、
信用取引をしていました。

しかも、ある銘柄の上昇に確信をもって
1本釣りで勝負していたのです。

今思うとその確信というのが、
全くもって、根拠薄弱です。

実は以前は、ファンダメンタルズよりも
需給、特に大口投資家の大量購入の気配を根拠に
勝負を続けていました。

で、そういった観点から
ある銘柄に強い買い集めの手応えを感じた為、
いわゆる「提灯をつける」形で
信用も含めて買いを積みあげていったのです。

最近はあまり言われなくなりましたが、
いわゆる「2階建て」、
つまり、現物300万円分に対して
信用取引も300万円分、
同一銘柄に積み上げて
株価の上昇にかけていたのです。

ところが、全体相場は急落。

その大口さんの買い支えでしばらくは
値を保っていたのですが、
空売り勢の容赦ない攻撃に遂に売り崩されて、
猛烈な勢いで下げ始めました。

300万円の資金はあっという間に150万円になり、
証券会社から「追証」を入れるように
電話がかかってきました。

わずかな追証、たぶん50万円くらいを
慌てて突っ込んで急場をしのいだのですが、
その週末は文字通り夜も寝られませんでした。

で、布団の中で冷静に考えて、

「200万円(150万+50万)あれば、まだ勝負は続けられる。
もう、私が買いの根拠としたような状況は変化してしまった。」

と、週明け、ようやく売りの決断ができ、
命からがら撤退することが出来たのです。

その後、その株はさらに半値以下まで下げました・・・。


ずいぶん前の話ですが、

銘柄選びの稚拙さ、
過大なリスクの取り方、
売り買いの判断の甘さなど、

この記事を書きながら、
「なんて愚かだったのだろう」
とお恥ずかしいばかりです・・・。

ただ、ネットトレードが始まったばかりの頃というのは
みんなこんな感じでした・・・。
(そういう投資法を面白おかしく推奨するような空気があった。)

たぶん、このブログの読者さんの中には
初心者の方もたくさんいらっしゃると思いますが、
こういう失敗はしないでください。

本当にあっけなくMr.マーケットから
「退場」を宣告されることになるでしょう。

バフェットが言うように
投資家を破滅させるのは経済ではありません。
投資家自信なのです。

人気ブログランキングに登録しています。
本日も参考になりましたら、クリックをお願いします。
(いつの間にか、この絵のように梅とウグイスが楽しめる季節になりましたね)

人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

パッキャオさん、こんにちは。

昔のことを思い出させて頂きありがとうございます。
関連して今日の記事にしたいと思います。
【2012/03/08 06:31】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

エナフンさんこんにちは。

そうなんですよね、初心者は短期間で儲けようとして、失敗するんですよね。今の僕には、骨身にしみます。

でも、震災の暴落を経験しているので、信用は恐ろしくて出来ないです。だから、まだマーケットから退場させられずに済んでいるのかもしれません。

……貴重なお話ありがとうございます。
【2012/03/07 12:24】 URL | パッキャオ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/840-7c15a911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。