旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


円安に賭けるなら

さて、少し円高に振れてきたので、
あえて、円安に賭けた場合のお話を書きます。

こんなブログでも、順張りのタイミングで個別銘柄を扱うと、
株価に少なからず影響が出てしまう気がして、
躊躇していたのです。

さて、前回の記事で書き足りなかったことなんですが、

もし、円安に賭けたいのなら、
FXよりも株の方が有利なケースがあるということを
書きたかったのです。

FXの場合、例えば、2倍を狙ってレバレッジをかけて勝負した場合、
例えば、レバレッジ10倍で、10%高を狙う場合、
(10倍×10%=100%のリターン、すなわち賭け金の2倍狙い)

仮に読みが外れて、逆の目が出てしまったら、
10倍×(-10%)=-100%のリターン、
すなわち、賭け金を全て失ってしまいます。

つまり、ハイリスクハイリターン。
サイコロの目がどっちに出るかに賭けるような
単純な賭博となんら変わらなくなってしまうのです。

ところが、株の場合はそうはなりません。

仮にPER6倍、PBR0.5倍の輸出関連株があったとして、
同様に、10%円安に振れると、
利益が2倍になる銘柄があったとします。

狙い通り、為替が10%円安に振れると、
株価がそのままとしたら、
PERは3倍。PBRも0.5倍以下となり、
如何にも不自然な水準となってしまいます。

おそらく、株価は急上昇し、少なくとも2倍高。
このついでに割安さを解消しにかかれば3倍高まで期待できます。

一方、逆の目が出て、10%円高に振れたからと言って、
全てを失う訳ではありません。

おそらく、利益は限りなく0になるでしょうから、
PERは算出不能、PBRは0.5倍のままということになります。

株価は30%から50%は下がるかも知れません。

しかしながら、倒産でもしない限り0円にはなりません。
もし、仮に50%下げたら、PBRが0.25倍となり、
解散価値の観点から見直し買いが期待できるのです。

ですから、もし、円安になるはずだと確信を持って、
FXで勝負するくらいなら、
丁寧に輸出関連株を調べて、
円安の恩恵を大きく受ける銘柄を探した方が有利だと言えるでしょう。

もっとも、為替なんぞに振り回されていたら、長期投資は続きませんね・・・。

大きく円安に振れた場合は、
その期間だけとれば、日経平均に負け越すかもしれませんが

それでも、為替お構いなしの成長企業を厳選保有するのが、
長期投資の基本だと思います。

仮に、日経平均には負け越したとしても
あなたの銘柄が下がると言う訳ではないわけですし、

そもそも、全体相場が底上げされる時には、
内需関連だろうが、ディフェンシブと呼ばれる銘柄だろうが、
中長期的には、
輸出関連株と一緒に上昇すると言うのがいつものパターンなのです。
(毎日毎日、円安ということはありえない。
3日に1度でも円高の日があれば、
その日だけは輸出関連株から内需関連株やディフェンシブ銘柄にテーマが移り、
厳選成長株には買いが入るものだ・・・)

人気ブログランキングに登録しています。
本日も参考になりましたら、クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

NOBUさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

> 別にその会社が今の為替でも問題なく利益を上げ、
> コストを抑えて経営されているならマイナスの要因ではないですね。
> 円高とか、円安とかで潰れていく会社は所詮・・・

まーったく、同感です。

円高なら内需、円安なら外需みたいな方程式がありますが、
本当に強い会社は、(もちろん為替の影響がないとは言わないが)
それが原因で赤字と黒字を行ったり来たりみたいなことはありません。

つまり、為替の影響を受ける会社の中にも、
お値打ち企業とそうでない企業がある・・・。

そんな話を書きたかったのです。

もっとも、例えとして挙げた企業が
それに該当するかどうかは微妙ですが・・・。
【2012/03/26 22:13】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

久しぶりにコメントさせて頂きます。

この話と似たような事をピーターリンチも書いておりました。
確か銅の値段によって会社の利益が一株当たり何ドル増えるとか。

逆に返せばその企業が逆境の中でもしっかり安定した業績を出しているなら、周りが「この円高で数億の損失が出る!」みたいな見出しはむしろ最高の買い時を提供してくれている様なものですね!

別にその会社が今の為替でも問題なく利益を上げ、コストを抑えて経営されているならマイナスの要因ではないですね。

僕の上司は物凄いビジネスマンなのですが、円高とか、円安とかで潰れていく会社は所詮はまともな利益をあげてない会社なんだと言っていたのを思い出しました。
多少の為替変動で利益が出なくなるのはビジネスそのものがギャンブル化していると言う事だからと言っていた気がします。

会社そのものが利益を上げる際に「今より円高に振れれば利益が出るから!」と言う理由でビジネスはやりませんしね。

非常に興味深い記事です
【2012/03/23 17:00】 URL | NOBU #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/851-93cf1668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。