旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長期投資の二つの軸

長期投資が狙っていくポイントは、
大きく二つです。

1)市場が織り込んでいる時間軸を超えた成長分を狙う

2)何らかの理由で市場がミスジャッジを起こしている
  割安株の価格是正を狙う。


2)については、この半年間散々やりましたね・・・。

ミスジャッジを起こす原因として

・総悲観の極み
・さえない業種
・つまらない社名
・当たり前すぎる業態
・上場直後の需給悪化による下落(出落ち)

といった項目が挙げられます。

ですから、欧州金融危機の真っただ中に
まったくさえないと思われる業種の
当たり前すぎる仕事をやっている
まるでつまらない社名の最近上場した企業で、
かつ、このところ順調に利益を伸ばしているような銘柄を探し当てた方は、
相場が反転したこの数ヶ月間で結構なリターンを得ることができたでしょう・・・。


で、今日は、1)についての考え方について説明します。

企業によっては、年率15%とか20%といった成長を
淡々と何年も続けるものが存在します。

往々にして、こういう素晴らしい企業に限って、
先ほどの2)もクリアしていたりするのですが、

仮に2)はクリアしていないものの、
再現可能な勝ちパターンを有し、
着々と成長する企業があったとしたら、
どういう投資方針で攻めれば良いのでしょうか?

長期投資の考え方

もし、
年率20%成長を今後も続けられるであろう小型成長企業を見つけたとして、
仮にPERはまぁ妥当な15倍前後だったとします。

割安とは言えないので、ちょっと買いにくい気もします。

私も含めて、市場はそんなに先の未来を織り込むと言うことはありませんから、
現時点での相場観からは、妥当な水準だと考えてしまうのです。

いくら、素晴らしい成長力があると言っても、
将来5年分の成長を織り込んで、
PER37倍等と言うことにはまずなりません。

おそらく、マーケット全体のバランスを見ながら、
せいぜい1年先の利益を織り込んだり、
あるいはリスクに過剰に反応したりで、
PERは10~20倍の範囲を行ったり来たりしながら
右肩上がりを続けることでしょう・・・。

ですから、このような企業の成長分の上昇を手に入れようとすると
どうしても時間がかかります。

5年分の成長、この場合、2.5倍の利益を得るためには
5年の歳月がどうしても必要となるのです。
(ブルーのラインが期待ラインとなる)

この戦略が、長期投資法の基本原理1)ということになります。

しかし、先ほどもちらっと書きましたが、
全くラッキーなことに、
往々にして、こういう成長企業に限って、
市場はミスジャッジを起こしてくれることがあるのです。

基本原則1)に基本原則2)を加えることで、
より大きなリターンを狙うことができるのです。

上記グリーンのラインですね・・・。

年率20%成長企業が、PER7倍で放置されていたら、
それを5年間保有した場合の期待値は、
5倍以上と言うことになるわけです。

ところが、これにさらにボーナスポイントがつくことがあります。

それは、優秀な経営陣が、
何らかの改革や拡大戦略を成功させ、
一時的に成長速度を高めることがあるのです。


こういうボーナスポイントがつけば、
10倍高も狙えるわけです・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

われわれの手法は単純明快だ。

とびきりの根源的経済性をそなえ、
正直かつ有能な経営陣に率いられたビジネスを
理にかなった価格で買収する。
私が目指すのはこれだけである。

「バフェットの教訓」p171 徳間書店

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングに登録しています。
本日も参考になりましたら、クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、
結果的に損失を被ったとしても、当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/856-69e897d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。