旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アーバンコーポレイション

せっかく資産や費用、キャッシュフローの説明をしましたので、
ここでは、先週倒産してしまったアーバンコーポレイションの決算資料を元に、
財務内容の悪い会社の見分け方を確認しましょう。

まず、直近の有価証券報告書から、
アーバン損益計算書
上3行の損益計算書抜粋資料だけ見るととてもその5ヵ月後に倒産する企業には見えません。
急成長企業です。

けど、下から4行目からのキャッシュ・フローを見ると、
この会社、ここ数年、全く本業でキャッシュを生み出していません。
その分を借金でカバーし続けていますね・・・。
(キャッシュフローについて忘れた方は、8/14の当ブログをもう一度読んでください。)

その結果である貸借対照表を見ると、
アーバン流動資産
とんでもない在庫を抱え込んでいます。
(コメ兵は4ヶ月分でしたよね。ここは2年分溜め込んじゃいました。)

アーバン負債
借金も溜め込んでますね・・・。
危険な水準といえるでしょう・

結局、この会社は最終的に非常に不利な借り入れまでおこし、
それを株主に黙っていたものですから、倒産した挙句、大問題になっています。

このように一見好調そうに見えても、財務体質の脆弱な会社は
極めてリスクが高いことがわかります。
2000円以上していた株価は、今日の終値で7円にまで下げました。

【20の黄金律の8番目】(ピーターリンチの株式投資の法則)
企業の財務状態を十分理解しないうちに投資してはならない。
財務体質の悪い企業への投資は大きな損失につながる。

PBR、PER、成長率だけではわからない重大な問題を
見分けられるようにしておきたいですね。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、ぜひ、とっても簡単!!理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/94-3841fba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。