旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アシックス

続きましては、この方です。

アシックス(7936)
アシックス
うひょー!!すごい上昇カーブですね。
98年の底値は60円ですから何と30倍です!!
業績好調が鮮明になった2005年ごろ買ったって、
3倍は取れましたね。

「ぎょえ~!!アシックスって、子供のとき、『足っ臭~♪♪』って馬鹿にしてた
 あのアシックスかぁ~???
 とっくに終わってる会社と思ってた(唖然)。」

実は、この会社がある意味典型的な日本の10倍高パターンといえるでしょう。

バブル崩壊後の失われた10年で、
日本の企業はとことんまで贅肉をそぎ落とし、
それでも利益が見込めないため、海外に活路を見出しました。

もっとも消費者の目が厳しい日本の市場で、
もまれにもまれた優秀な製品は、
海外でも次第に受け入れられ、スリムな企業体質とあいまって
利益が飛躍的に伸びたのです。

オリンピック見ていると結構出てきますよ。
アシックス製品。

ピーターリンチの条件も揃ってます。
①誰でも知ってる身近な企業。
②成熟しきったスポーツ産業
③業績の急上昇とあわせて株価も急上昇。
④スポーツマンたちには無くてはならないものですよね。

パイロットや三菱鉛筆もこのパターンです。
頼むよ、ジェットストリーム!!

↓むむっ1位の梅ランさんにだいぶ近づいてきたゾ。
↓向こうは読者がめちゃ多いから本気出されたら、すぐ逃げられるけど、
↓ひょっとしてチャンス??
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif
←新しい方は、巷でうわさの理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」も
←読んでいってください!!
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/99-d125adef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。